「ゴスペル (音楽)」の版間の差分

なおゴスペル・ミュージックには、[[1930年代]]から[[黒人教会]]で演奏され始めた'''ブラック・ゴスペル'''(一般的にはこちらを指す)と、南部州の[[白人]][[クリスチャン]]アーティストが歌っていた'''ホワイト・ゴスペル'''がある。ブラック・ゴスペルとホワイト・ゴスペル両者とも同じ[[メソジスト]]賛美歌が源流であるが、黒人と白人の教会それぞれが完全に分離していた(→[[人種差別]]、[[ジム・クロウ法]])ため、両者の音楽性もかなり異なったものになっている。今日では、ブラック・ゴスペルを「ゴスペル」、ホワイト・ゴスペルを「コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック(CCM)」と呼ぶのが通例。
 
教会、礼拝([[:en:Christian worship|Christian worship]])に関連した場所・イベントのみで演奏した[[マヘリア・ジャクソン]]。ナイトクラブなど世俗での演奏をした[[ゴールデン・ゲート・カルテット]]、[[クララ・ワード]]。教会・クラブどちらでも活動した[[アル・グリーン]]など。活動姿勢は様々だった。また、センセーショナル・ナイチンゲイルズで活躍したジュリアス・チークスは、その激情型の歌唱スタイルにより「最初のソウル・シンガー」と呼ばれた。
 
== 影響 ==
444

回編集