「自主規制」の版間の差分

m
 
== 自主規制の限界 ==
自主規制とはその名の通り当該の業界のメーカー各社の総意という形での「自主的な規制」である。概して自主規制を遵守することはさらに厳しい規制が外部から導入されることによる発展の阻害から業界と市場を守る、極端な場合には業界を維持存続させることを目的とした、業界のルールやモラルという一面がある。そのため、自主規制を遵守しないことで業界内部での居心地が悪くなる、業界団体から除外される、流通・小売も自主規制推進の立場に回っている場合には製品流通や入荷に阻害をきたす、すなわち、メーカー・販社が自主規制から離脱した場合には自主規制に加わっている小売店の店頭からその製品が消える、[[卸売|卸]]や[[小売|小売店]]が自主規制から離脱した場合にはその卸や小売店に対して自主規制に加わっているメーカーの製品が入荷しなくなる、などといった事態が起きる可能性がある。とはいえ、あくまで法律や条例に抵触しない限りは警察に検挙・摘発されるというものではない。
 
しかし、時として自主規制は下記の様な事情の発生によって有名無実化されてしまうことが起きる。
2,800

回編集