メインメニューを開く

差分

同様に、3次元での
{{indent|同じ[[体積]]の図形による3次元空間充填で、表面積が最も狭いのは何か}}
という問題(「[[ケルヴィン問題]]」)を考えることができる。この問題は[[数学上の未解決問題|未解決]]だが、既知の最適な答えは[[ウィア・フェラン構造]] {{interlang|en|Weaire–Phelan structure}} と呼ばれる等体積の12面体と14面体からなる充填である(1993([[1993]]にこれが発見されるまでは[[切頂八面体]]がそうだった)。しかし、ある種の制約(たとえば、孔が貫通していなければならない、問題となる空間が薄っぺらい、複雑な立体加工はできない、など)の下では、正六角柱が答えとなる。
 
== 自然界のハニカム構造 ==
3,266

回編集