「ブードゥー教」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
「ブードゥー(あるいは「ヴードゥー」)」という呼び方は英語で、[[ハイチ]]や[[西アフリカ]]では'''ヴォドゥン'''('''Vodun''')と呼び習わされている。ヴォドゥンとは西アフリカの[[フォン語]](Fon)で「[[精霊]]」の意味。ヴォドゥンは[[ベナン]]などの西アフリカで広く信じられており、ベナンの[[国教]]となっている。
 
[[キューバ]]の[[サンテリア]]や[[ブラジル]]の[[カンドンブレ]]、[[{{仮リンク|マクンバ]]|en|Macumba}}といった信仰・呪術の仲間である。もっとも近年はカリブから欧米への[[移民]]が相次いでいるため、欧米各国でも移民の一世、二世らによって信仰されている。
[[image:Voodo-altar.jpg|200px|thumb|ブードゥーの祭壇(ベナン、2008年)]]
「[[宗教]]」と規定されることも多いが、[[教義]]や[[聖典|教典]]がなく、また[[宗教法人]]として認可された教団も皆無で、布教活動もしないため、[[民間信仰]]といった方が現状に即しているといえる。その儀式は[[太鼓]]を使った[[ダンス]]や歌、動物の[[生贄]](いけにえ)、神が乗り移る「[[神懸かり]]」などからなる。ブードゥーを取り仕切る神官は、「オウンガン([[:w:Houngan|Houngan]])と呼ばれる。
{{Commons|Category:Voodoo|{{PAGENAME}}}}
*[[民間信仰]]
*[[フランソワ・カンダル]]
*[[ゾンビ]]
*[[サンテリア]]
*[[カンドンブレ]]
*[[{{仮リンク|マクンバ]]|en|Macumba}}
*[[スピリティズム]]
*[[ポクポン]]
匿名利用者