「若山富三郎」の版間の差分

編集の要約なし
| 没月 = 4
| 没日 = 2
| 職業 = [[俳優]]・[[歌手]]・[[テレビドラマ]][[監督]]
| ジャンル = [[映画]]・[[テレビドラマ]]・[[演劇]]
| 活動期間 =
| 備考 =
}}
'''若山 富三郎'''(わかやま とみさぶろう、[[1929年]][[9月1日]] - [[1992年]][[4月2日]])は、[[日本]]の[[俳優]]・[[歌手]]・[[テレビドラマ]][[監督]]。本名は'''奥村 勝'''(おくむら まさる)。別名は'''城 健三朗'''(じょう けんざぶろう)。[[東京市]][[深川区]]出身。[[映画]]・[[テレビドラマ]]・[[演劇]]で幅広い役柄を演じており、その[[殺陣]]は当代随一の名手と評された<ref name="chiba">{{Cite book |和書 |author = JJサニー千葉 |authorlink = 千葉真一 |year = 2010 |title = 千葉流 サムライへの道 |publisher = [[ぶんか社]] |pages = 154 - 171 |isbn = 4821142694 }}</ref><ref name="akkan">歴史群像シリーズ 『圧巻!無頼派時代劇』 115頁。</ref><ref name = "アサ芸魔界">{{Cite journal |和書 |date = 2012-11-29 |title = 深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」 |journal = [[アサヒ芸能|アサ芸+]] |publisher = [[徳間書店]] |url = http://www.asagei.com/9406 |accessdate = 2012-12-08 <!--|archiveurl = http://liveweb.archive.org/http://www.asagei.com/9406 |archivedate = 2012-12-08 --> }}</ref>。父は[[長唄]][[三味線]]の[[杵屋勝東治]]、弟に[[勝新太郎]]、息子は[[若山騎一郎]]、前妻は[[藤原礼子]]
 
父は[[長唄]][[三味線]]の[[杵屋勝東治]]、弟に[[勝新太郎]]、息子は[[若山騎一郎]]、前妻は[[藤原礼子]]。
== 経歴 ==
幼少の頃より勝とともに[[長唄]]の修行を始めるが、なかなか専念せず、[[日本大学第三中学校|日大三中]]在学中は一年生を三回[[落第]]するほどの腕白だった。また[[柔道]]に熱中して、[[師範]](伍段)を目指していた。[[1949年]]、20歳のときに[[長唄]]の和歌山富十郎に弟子入りし、芸名を'''若山 富三郎'''とした。[[1954年]]に[[新東宝]]からスカウト、演技経験のない新人としては破格の高給と、運転手付きの車の送迎を約束させた上で入社を決める。
 
[[1955年]]に『忍術児雷也』でデビュー。『[[人形佐七捕物帖 (若山富三郎版)|人形佐七捕物帖]]』シリーズなどの時代劇に主演。[[1958年]]にはテレビ時代劇『[[銭形平次 捕物控#テレビ時代劇|銭形平次]]』に主演。新東宝の経営が苦しくなると[[1959年]]に[[東映]]へ移籍し、新東宝時代同様に『[[人形佐七捕物帖 (若山富三郎版)|人形佐七捕物帖]]』シリーズで主演した他、多数の脇役もこなす。
[[1962年]]に勝が在籍する[[大映 (映画)|大映]]へ移籍、'''城 健三朗'''と改名。白黒作品の『打ち鴉』に主演した他は[[市川雷蔵 (8代目)|市川雷蔵]]や弟の[[勝新太郎]]の脇役に甘んじ仕事では不遇の日々であった。[[1963年]]に同じく大映に所属していた女優の[[藤原礼子]]と結婚。一男を儲ける。[[1964年]]にはテレビ時代劇『[[風雲児半次郎]]』に主演したが、[[1965年]]に藤原と離婚、その後の1年間、干されて役がつかない挫折を味わった。
 
[[1966年]]に再び東映に移籍し、芸名を'''若山 富三郎'''に戻した。脇役からのスタートだったが[[鶴田浩二]]主演の『[[博奕打ち 総長賭博]]』の助演で認められ、主演映画も制作され始める。[[1968年]]より始まった『[[極道シリーズ]]』や『前科者』では従来の義理人情のヤクザ映画に若山のコミカルな演技が加わり、他の任侠路線とは一線を画す人気作となった。その他にも『[[賞金稼ぎ (映画版シリーズ)|賞金稼ぎシリーズ]]』、『極悪坊主シリーズ』などに主演し、個性派アクション俳優としての地位を築く
 
[[1970年代]]の勝プロ制作の映画『[[子連れ狼 (若山富三郎版)|子連れ狼シリーズ]]』では[[拝一刀]]に扮し、凄みのあるダイナミックな殺陣と寡黙な演技は「一刀の若山か、若山の一刀か」と評されるほどの代表作になり、海外でも興行された。個人事務所「若山企画」を設立し、[[1973年]]の『[[唖侍鬼一法眼]]』、[[1975年]]の『[[賞金稼ぎ (テレビドラマ)|賞金稼ぎ]]』などテレビ時代劇に主演し、『賞金稼ぎ』では複数話を監督している
 
白塗りの二枚目から三枚目、悪役、豪放なアクション・殺陣を演じてきたが、{{要出典範囲|date=2013年3月1日 (金) 15:24 (UTC)|この頃よりそれまでの暴力性・激情・体技・邪悪さ・滑稽味を内に秘めた深みのある演技者へと変化し始める。}}[[1974年]]、[[睦五朗]]に招かれて『[[エスパイ]]』に出演し、敵役のウルロフを演じた。特徴的な髪型は若山の考案で、クランクインの際には一つのセリフを様々な抑揚・表情でサンプルのように演じ分けてみせ、監督に選んでもらった。[[1977年]]公開の『[[悪魔の手毬唄 (1977年の映画)|悪魔の手毬唄]]』の磯川警部と、[[1978年]]から放送されたテレビドラマ『[[事件 (大岡昇平)#テレビドラマ|事件]]』の菊池弁護士は、優しい人間味と哀愁を湛えた等身大の中年像であり、それまでのイメージが一新された。『悪魔の手毬唄』と映画『[[姿三四郎 (映画)#1977年版|姿三四郎]]』の村井半助で、第20回[[ブルーリボン賞 (映画)|ブルーリボン]]助演男優賞を受賞。[[1979年]]の映画『[[衝動殺人 息子よ]]』で、[[キネマ旬報]]主演男優賞・[[ブルーリボン賞 (映画)|ブルーリボン賞]]・[[毎日映画コンクール]]の主演男優賞、第3回[[日本アカデミー賞]]の最優秀主演男優賞を受賞した。
 
若山組には[[大木実]]・[[山城新伍]]・[[安岡力也]]・[[高岡健二]]・[[潮健児]]・[[殿山泰司]]らのメンバーがいたが、大木とはお互いに「きょうだい」と呼び合う仲だった<ref name="yamashiro">
{{Cite book |和書 |author = 山城新伍 |authorlink = 山城新伍 |year = 1998 |title = おこりんぼさびしんぼ 若山富三郎・[[勝新太郎]]無頼控 |publisher = [[幻冬舎]]|pages = 46頁、51 - 57頁、62 - 65頁、72頁、83 - 91頁、98頁 |isbn = 4877282424 }}</ref>。若山組への加入は「固めの杯」を任侠の世界と同様に行っていたが、下戸で甘党だった若山の「固めの杯」は「羊羹を煮て溶かし、パンの上に塗ったものを食べるというものであった」と山城は語っている。後輩を壁際に立たせて、若山得意の手裏剣を投げつけるという荒っぽい入組試験?もあった<ref>{{Cite book |和書 |author = 若山騎一郎 |authorlink = 若山騎一郎 |year = 1998 |title = 不器用に生きた男 わが父若山富三郎 |publisher = [[ひらく]] |pages = 172 - 173 |isbn = 4341190423 }}</ref>。
 
自他共に認める若山の甘党ぶりは徹底しており、楽屋には[[大福]]や[[キャラメル]]、[[コーヒー牛乳]]などを常備し、夜中に後輩俳優を呼び出して[[汁粉]]を振る舞ったこともあった。[[高倉健]]が東映へ在籍していたときに若山が下戸であることを知らず、日頃のお礼の意味で撮影前の若山に日本酒を一瓶贈ったことがあった。若山は困惑しながらも高倉の思いに応えようと快く受け取り、高倉の眼前でラッパ飲みして見せた。しかし飲んだ直後に卒倒し当日の撮影は中止。高倉はひたすら平身低頭、謝罪したという。
=== 映画 ===
==== シリーズ ====
* [[人形佐七捕物帖 (若山富三郎版)|人形佐七捕物帖]]シリーズ (1956年 - 1961年) - [[人形佐七]]
** 人形佐七捕物帖 妖艶六死美人 (1956年、[[新東宝]])
** 人形佐七捕物帖 大江戸の丑満刻 (1957年、新東宝)
** 極悪坊主 念仏三段斬り (1970年)
** 極悪坊主 飲む打つ買う (1971年)
* [[賞金稼ぎ (映画版シリーズ)|賞金稼ぎ]]シリーズ (1969年 - 1972年、東映) - [[錣市兵衛]]
** [[賞金稼ぎ (映画)|賞金稼ぎ]] (1969年)
** [[五人の賞金稼ぎ]] (1969年)
===CM===
*[[味の素|味の素株式会社]]「アルギンZ」(1979年)
 
== ディスコグラフィ ==
* 流れ者 (1975年)
* ひとつの命 (1975年)
 
==著書==
596

回編集