「空手道」の版間の差分

m (r2.7.3) (ロボットによる: min:Karateを追加)
 
=== 組手 ===
{{Main|組手 (空手)}}
[[ファイル:Miyagi_and_Kyoda.jpg|right|thumb|若き日の[[宮城長順]]と[[許田重発]]。型分解、もしくは「[[武備誌 (沖縄)|武備誌]]」にある九天風火院三田都元帥(ブザーガナシー)のポーズを模して組手にしたものと思われる。]]
組手は、主に二人で相対しておこなう練習形式である。決められた手順に従って技を掛け合う「約束組手」、自由に技を掛け合う「自由組手」、さらには勝敗を目的とした「組手試合」が存在する。
 
==== 歴史 ====
組手は琉球王国時代から行われていたが、制式化されてなお現存するのは[[本部朝基]]が大正時代に発表した十二本の約束組手が最古で、それ以前のものは現存していない。[[尚泰王]]の冊封式典のために訪れた清の使節の前で「交手(こうしゅ)」という名で組手をの武技が披露されいう記があり、これは組手のことを指すと考えられているが、その具体的な内容については不明である。
 
上述の本部朝基やその友人[[屋部憲通]]などを例外とすれば、戦前は型稽古中心で、組手は型の簡学校体育向けに分解をものがわずかにうくらいわれる程度であった。さらに制度化された自由組手にいたってまだ存在せず、'''掛け試し'''と呼ばれる一種の野試合が存在するだけであった。
 
しかし、空手が本土に伝えられた当時、[[柔道]]や[[剣道]]ではすでに試合制が実施されており、また乱取り稽古も盛んであった。このため、永岡秀一(柔道十段)や磯貝一(柔道十段)等、[[講道館]]の重鎮達から「型だけではわからん」とその単独稽古偏重が厳しく批判されたという<ref>「対談・ゲスト小西康裕/聞き手池田奉秀・空手道を語る――過去と現在の武道的視点――」『対談集・空手道を語る』武道出版研究所、1977年、6頁参照。</ref>。こうした批判を受けて、[[大塚博紀]]や[[小西康裕]]等が自ら学んでいた神道揚心流柔術や竹内流柔術等の様式を取り入れて作ったものが今日の約束組手の起源である。
 
これ以降も空手の約束組手は本土の大学生達を中心に改良が重ねられていった。さらに戦後になると、本格的に組手試合が整備されていった。組手試合の形式には、下に示す三形式が主流であり、ルールの細かい点は流派・会派毎に特色が見られる。
1,554

回編集