「北尾トロ」の版間の差分

全角空白など修正
(全角空白など修正)
'''北尾 トロ'''(きたお とろトロ、[[1958年]] - )は、日本の[[フリーライター]]、個人事務所(株)ランブリン代表、『季刊レポ』編集長。[[福岡県]][[福岡市]]生まれ。[[裁判]]傍聴を重ね、著書を多数執筆。
 
==概要==
[[東京都立日野高等学校]]卒。[[法政大学]]社会学部卒。[[フリーター]]、[[編集プロダクション]]のアルバイトなど経て、フリーライター。
 
30代の初めライターの[[下関マグロ]]らと脳天気商会という会社、バンドを数年やっていたことがある。下関マグロとは数冊、共著もある。30歳頃から、現在のペンネームで『[[別冊宝島]]』、『裏モノの本』などに執筆活動を開始。
*『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか』([[鉄人社]]、[[2000年]]。のちに[[幻冬舎文庫]]で文庫化)
*『ぼくはオンライン古本屋のおやじさん』([[風塵社]]、[[2000年]]。のちに[[ちくま文庫]]で文庫化)
*『[[裁判長!ここは懲役4年でどうすか|裁判長!ここは懲役4年でどうすか-100-100の空論より一度のナマ傍聴]]』([[鉄人社]]、[[2003年]]。のちに[[文春文庫]]で文庫化。[[松橋犬輔]]によって漫画化(新潮社))
*『ヘンな本あります  ぼくはオンライン古本屋のおやじさん 2』([[風塵社]]、[[2003年]])
*『気分はもう、裁判長』([[理論社]]、[[2005年]])
*『[[裁判長!ここは懲役4年でどうすか|裁判長!これで執行猶予は甘くないすか]]』(『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』の続編、[[文藝春秋]]、[[2007年]]。のちに[[文春文庫]]で文庫化)
*『ぶらぶらヂンヂン古書の旅』([[風塵社]][[2007年]]。のちに[[文春文庫]]で文庫化)
*『おっさん傍聴にいく!   最近の裁判所でのあれやこれやをグダグダ語ってみる。』([[ジュリアン]]、[[下関マグロ]]と共著、[[2007年]]。のちに[[幻冬舎文庫]]で文庫化)
*『おっさん糖尿になる!  コンビニ・ダイエットでいかに痩せたかをチラホラ語ってみる。』([[ジュリアン]][[下関マグロ]]と共著、[[2007年]]
*『もいちど修学旅行をしてみたいと思ったのだ』([[小学館]]、[[2008年]])
*『中央線で猫とぼく あの日、あのコと目があって』([[メディアファクトリー]]、[[2008年]]
*『[[男の隠れ家を持ってみた]]』([[新潮文庫]]、[[2008年]]
*『ほんわか!  本についてわからないこと、ねほりはほり!』([[メディアファクトリー]]MF文庫ダ・ヴィンチ、[[2008年]])
*『裁判長!おもいっきり悩んでもいいすか  裁判員制度想定問題集』([[文藝春秋]]、[[2009年]])
*『ぼくに死刑と言えるのか  もし裁判員に選ばれたら』([[鉄人社]]、[[2009年]]
*『全力でスローボールを投げる』([[文藝春秋]]、[[2010年]])
*『駅長さん!これ以上先には行けないんすか』([[河出書房新社]]、[[2011年]])
*『昭和が終わる頃、僕たちはライターになった』([[ポット出版]]、[[下関マグロ]]と共著、[[2011年]]
 
== 外部リンク ==
18,386

回編集