「クイックモーション」の版間の差分

足を[[マウンド]]からスライドさせるように投げたり、あらかじめテークバックを作り体をかがめて捻らせておくなど、何らかの投球動作を簡略化して投げる。一般に投球開始から捕手にボールが到達するまでの時間が1.2秒台で及第点とされる<ref>[http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20101221-716009.html 阪神久保セ界の韋駄天へ「走ってこいや!」] nikkansports.com 2010年12月21日</ref>。
 
走者の盗塁を防ぐ効果が期待できる一方で、通常の投球と異なるメカニズムで投げるため、球速や制球が劣化する傾向がある。また、肩や肘などに負担が生じ、投手生命を脅かす場合すらある。このため、クイックモーションを用いずにセットポジションから[[牽制球]]を多投することで走者の動きを封じようとする投手もいる。なお、左投げ投手は右足をまっすぐに上げた状態から一塁牽制も投球もできるため、クイックモーションは使用しない場合が多い。
 
変則的な使用方法として走者がいない場面において打者のタイミングを外す目的でクイックモーションが用いられることもある<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/26/kiji/K20121126004637020.html 牧田 中日・山崎“怒らせた”必殺技をWBC解禁へ] Sponichi Annex 2012年11月26日</ref>
 
日本球界においては盗塁阻止は投手に不可欠と捕手技術共同作業と考えられており、[[鈴木孝政]]は牽制とクイックモーションができなければい投手はプロ野球では通用しないと説いている<ref>[http://www.himaraya.co.jp/event/baseballschool/pitching/006.html 鈴木孝政の快速球野球教室~ピッチャー編~ 第6回-WEB野球教室]</ref>。一方、メジャーリーグではランナー無しからテンポの速いフォーム牽制変則モーションで投げクイックは日本ほど重視されず、より打者を打ち取投手ことに意識多く、また[向けられる傾向にある<ref>[http://www.sportsclick.jp/baseball/05/index021.html 第21回:捕手編 城島捕手]]肩も強いため課題と、日本に比べクイックを多用する投手が少な、メジャーのリード、配球の違は? その2] SportsClick:ベースボール・ゼミナール</ref>。日米両方でプレー経験のある[[桑田真澄]]はクイックモーションに対し懐疑的な意見を唱えている{{要出典|date=2013年3月}}
 
== 歴史 ==