「真岡バイパス (国道294号)」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2012年7月}}
{{Infobox_road
|種別・系統 = [[一般国道]]
|副名の補足 =
|地図画像 =
|総距離 = 4.2km
|陸上距離 =
|海上距離 =
|制定年 = [[1978年]]
|開通年 = [[1983年]] - [[1988年]]
|廃止年 =
|道路の方角 = 南北
'''真岡バイパス'''(もおかバイパス)は[[栃木県]][[真岡市]]内を通る[[国道294号]]の[[バイパス道路|バイパス]]である。
 
真岡市街地を通っていた旧道はクランク状、真岡市街地人口増加に伴い朝夕に渋滞を起こしやすかった上に、右左折を余儀なが多され、ボト通過ドライバーにとってはネックートを見失うなど交通の隘路となっていた。また、[[栃木県立真岡女子高等学校]]や[[芳賀赤十字病院]]の横を通る一部区間は狭隘で、歩道が整備されておらず、安全面に問題があった。
れをのような交通状況の解消するため・地域開発・社会の活性化伴う交通需要に対処し、広域交通網の強化に役立てることを目的として計画されたのが当バイパスであり、真岡市中心部の東側を通過している。最近ではロードサイド店舗が多数出店しており、渋滞が激しくなることがある。
 
[[1978年]]に事業着手、用地買収などで周辺住民との交渉が難航したが、[[1988年]][[11月8日]]に全線開通した。
これを解消するために計画されたのが当バイパスであり、真岡市中心部の東側を通過している。最近ではロードサイド店舗が多数出店しており、渋滞が激しくなることがある。
 
なお、旧道は真岡市道、[[茨城県道・栃木県道45号つくば真岡線]]の一部、[[栃木県道47号真岡上三川線]]の一部、[[栃木県道257号西小塙真岡線]]の一部および[[栃木県道61号真岡烏山線]]の一部に降格となった。
 
== 概要 ==
* 起点:[[栃木県]][[真岡市]]八木岡(真岡バイパス南交差点)
* 終点:栃木県真岡市東郷(東郷西交差点)
* 車線数:暫定片側1車線
* 総距離:4.2km
* 全線開通:[[2003年]](平成15年)
* 幅員:18m(用地幅員は将来の4車線化を見込んで22m確保)
* 総事業費:29.4億円
 
車道部は3.25m、歩道は両側に2mづつ設置されている。車道両側には栃木県木である[[トチノキ]]、[[モミ]]、[[サツキ]]、[[ツツジ]]などが植樹されている。
 
== 沿革 ==
* [[1978年]]:事業着手
* [[1983年]][[12月22日]]:田町南交差点([[茨城県道・栃木県道45号つくば真岡線|栃木県道・茨城県道45号]]交点) - 御前交差点([[栃木県道257号]]交点)間1.2kmが開通
* [[1987年]]11月:起点 - 田町南交差点間1.4kmが開通
* [[1988年]][[11月8日]]:御前交差点 - 終点間1.6kmが開通、全線開通
 
== 交差する道路 ==
* [[真岡消防署]]
* 真岡市立真岡東中学校
 
== バイバスの位置関係 ==
[[常総バイパス]] - [[二宮バイパス]] - [[八木岡バイパス]] - '''[[真岡バイパス (国道294号)|真岡バイパス]]'''
 
[[つくばみらい市]]から50km以上北進を続いてきたバイパス道路はこれにて終了となり、当バイパス以北は昔ながらの道路になる。
 
== 参考文献 ==
* [[1988年]][[11月9日]]付[[下野新聞]]4面
* [[1988年]][[11月11日]]付[[真岡新聞]]2面
 
 
{{国道294号}}
186

回編集