メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 一方、[[大坂相撲]]には長らく立行司免許のみを発行し横綱免許は発行していなかったが明治に入り[[若嶌權四郎]]に横綱免許を発行、[[大木戸森右エ門]]の横綱問題で1度は大坂を[[破門]]するも後に和解成立により追認、これに[[大錦大五郎]]と[[宮城山福松]]を加えた4人の吉田司家の免許を持つ公認横綱が登場した。
 
第40代横綱[[東富士欽壹]]までは吉田司家による横綱本免許状授与式(仮免許は、司家の主君であった細川家の東京[[小石川]]の別邸で取り行われた)が続いた。しかし、司家24世[[吉田追風|追風]]長善が不祥事を起こし[[1951年]]11月に引退、当時7歳の長孝が25世を継いだが、[[日本相撲協会]]は司家代表者と協議した末、永年にわたる司家の権限を変革し、第41代横綱[[千代の山雅信]]以降は協会が自主的に横綱推挙を行なうことになり、免許権を協会に移譲し、司家は明治神宮での横綱推挙式に臨席し横綱及び故実門人書一巻を授与するだけとなった。しかし三役格以上の行司は熊本市の司家で行司免許を授けられてきた。
 
[[1986年]]5月、司家内部の不祥事により、25世吉田追風と[[栃錦清隆|春日野理事長]](当時)との会談で、吉田家の横綱授与の儀式を春日野理事長協会に委ね、当面は協会との関係を中断する旨を双方了解した。
なお、[[1983年]]推挙の第59代横綱[[隆の里俊英]]までは司家も推挙式に臨席し、毎年十一月場所後に司家の土俵におけるでの奉納土俵入りが行なわれていたが、関係中断によって1986年7月に推挙の第60代横綱[[北尾光司|双羽黒光司]]以降司家は推挙式には臨席せず、司家土俵での土俵入りも事実上の廃止となり、行われていない。これに伴い、吉田家が[[学生横綱]]に絹手綱を授与する儀礼も中止されたまま、事実上廃止されている
 
また[[2008年]]には、熊本市内の司家の土地・建物も穴吹工務店([[高松市]])に売却されており、跡地には[[マンション]]が建設された。敷地内に「吉田司家跡」の[[石碑]]が存在する。
司家内部の不祥事により、25世吉田追風と[[栃錦清隆|春日野理事長]]との会談で、吉田家の横綱授与の儀式を春日野理事長に委ね、当面は協会との関係を中断する旨を双方了解した。
 
これに伴い、吉田家が[[学生横綱]]に絹手綱を授与する儀礼も中止されたまま、事実上廃止されている。
現在、吉田司家は相撲界への復帰を目指して活動している。
 
==吉田司家に伝わる団扇や伝書等==
 
 
*吉田司家の故実によると、[[726年]](神亀3年)の禁じ手制定以前について「'''相撲の古法は突く殴る蹴るの三手なり'''」とある。
 
==吉田司家に伝わる団扇や伝書等==
*志賀氏から受け継いだ相撲の[[故実]]・[[伝書]]や[[後鳥羽天皇]]より勅賜の「'''獅子王の団扇'''」・「[[木剣]]」・[[正親町天皇]]勅賜の「'''マカロウの団扇'''」・関白二条家晴良公下賜の「'''一味清風'''」の団扇・[[豊臣秀吉]]公下賜の「'''日月団扇'''」・[[徳川家康]]公下賜の「'''葡萄団扇'''」・'''仏法即相撲・相撲行司大意之巻・相撲故実書・故実例式之巻・相撲十ヶ條・式字説・秘伝書・四十八手伝立・武家相撲開口・勧進相撲云立・方屋敷云立・そりの云立・四十八手解説・相撲来歴・相撲方諸国・相撲大意之巻・相撲故実三ヶ條・相撲行司大意之巻・相撲秘伝・横綱之故実・力士心得掟書・横綱之図・歴代横綱紀起請文・横綱免許願・その他、相撲関係古文書・資料等多数'''。
 
673

回編集