「阪急コミュニケーションズ」の版間の差分

 
== 概要 ==
阪急電鉄沿線の観光ガイド本・グルメ本や[[宝塚歌劇団]]の機関雑誌『歌劇』、『宝塚GRAPH』、『宝塚おとめ』、演劇専門紙『レプリーク』、阪急電車関係の書籍・絵本等を発売する'''阪急電鉄創遊事業本部コミュニケーション事業部'''を母体とし、2003年7月に『ニューズウィーク日本版』、『フィガロジャポン』、『Pen』などを発行していた[[TBSブリタニカ]]の事業(百科事典除く)と阪急電鉄創遊事業本部コミュニケーション事業部の事業を統合して発足した。
 
新会社の本社はTBSブリタニカから継承して目黒区に置き、大阪市北区の阪急電鉄本社ビル内(TOKKの編集部門・広告部門と宝塚歌劇関連雑誌の広告部門)と[[宝塚市]][[宝塚大劇場]]内(宝塚歌劇関連書籍・雑誌の編集部門)にも事務所を構えている。
 
現在は上記の雑誌の他書籍、デジタル事業、[[フリーペーパー]]事業([[TOKK]]など)、[[宝塚歌劇検定]]事業を手がけている。
匿名利用者