「力への意志」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
'''力への意志'''(ちからへのいし、ドイツ語:Wille zur Macht)は、ドイツの哲学者[[フリードリヒ・ニーチェ]]の主要な後期著作に登場する哲学的概念のひとつであり、「我がものとし、支配し、より以上のものとなり、より強いものとなろうとする意欲」<ref>ニーチェ著、原佑訳 『権力への意志』下巻、筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、1993年、p.216。</ref>があらゆるものの根源であるという[[思想]]である。ニーチェの著作と言われる『権力への意志』は、ニーチェの死後に遺稿を元に妹の[[エリーザベト・フェルスター=ニーチェ|エリーザベト]]が編集出版したものである。
 
==解説==
301

回編集