「生活型 (水生生物)」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概説 ==
水生生物の生活型は、通常、以下の4つに分ける<ref>沼田監修(1972),p.193-196</ref>。
水生生物の生活型は、通常、以下の3つに分ける<ref>[http://megalodon.jp/2013-0218-1159-35/msjsmarineecoclass.blogspot.jp/2010/01/plankton-nekton-benthos-review.html Plankton Nekton Benthos Review ]</ref><ref>[http://megalodon.jp/2013-0218-1202-54/www.kisuiiki.shimane-u.ac.jp/kunii/kisui_kagaku_2008/class-kisuiiki2008%28nomura%29.pdf 島根大学國井秀伸 汽水域研究関連 資料]</ref>。
*ニューストン(水表生物)
 
:水面に位置するもの」という区分も用いられることもある。 生活する場が水面であるものとは、ほとんど水面前後にのみおり、水中に潜ることがあっても、意図しない場合か、あるいはすぐに水面に戻るものである。ガスを含む浮きなど、水面に浮かぶ構造を持つものが多い。
* 水中に位置するもの
: 水面にも水底にも位置せず、その間の水中にその位置があるものである。以下の二つがある。
: 水底の、底質の表面やその中に生活して、水中へ泳ぎ出すことがあっても、一時的なもの。
 
水生生物ただしニューストン以外生活型は、通常、ネクトン、プランクトン、ベントスを主要な3つに分けといわれことも多い<ref>[http://megalodon.jp/2013-0218-1159-35/msjsmarineecoclass.blogspot.jp/2010/01/plankton-nekton-benthos-review.html Plankton Nekton Benthos Review ]</ref><ref>[http://megalodon.jp/2013-0218-1202-54/www.kisuiiki.shimane-u.ac.jp/kunii/kisui_kagaku_2008/class-kisuiiki2008%28nomura%29.pdf 島根大学國井秀伸 汽水域研究関連 資料]</ref>。
海洋の生物は主としてネクトン、プランクトン、ベントスに分類される。
 
また稀にだが'''ニューストン'''{{要出典|date=2013年2月}}(水表生物)
「水面に位置するもの」という区分も用いられることもある。 生活する場が水面であるものとは、ほとんど水面前後にのみおり、水中に潜ることがあっても、意図しない場合か、あるいはすぐに水面に戻るものである。ガスを含む浮きなど、水面に浮かぶ構造を持つものが多い。
 
 
 
== ニューストン ==
水面に生活するものをニューストンという{{要出典|date=2013年2月}}。プランクトンと混同されることも多いが、プランクトンには浮かぶという性質は必須でなく、ただよっている。という意味合いが強いのに対して、ニューストンは水面から離れないことを強調する。実際には水面直下をただよっているものも多いので、区別は明確ではない。
 
以下のようなものが区分される場合がある。
== 脚注 ==
<references/>
 
==参考文献==
沼田真監修、『生態学研究シリーズ3 海洋の生態学』、81972)、築地書館
 
[[Category:生物|せいかつけいすいせいせいふつ]]
28,698

回編集