「アレキシ・ライホ」の版間の差分

編集の要約なし
[[ヴァイオリン]]を習っていたこともあり、[[クラシック音楽|クラシック]]の影響を受けている。[[ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト|モーツァルト]]を特に好んで聴き、チルドレン・オブ・ボドムの楽曲には[[交響曲第25番 (モーツァルト)|交響曲第25番]]の[[フレーズ]]を導入した曲も存在する。[[速弾き]]、[[タッピング]]、[[スウィープ奏法|スウィープ]]など技術的には当代屈指の存在とされる。その他、[[スティーヴ・ヴァイ]]、[[ポール・ギルバート]]、[[ザック・ワイルド]]などに影響を受けたと語っている。
 
[[2002年]]頃までは[[ランディ・ローズ]]が使用していたことでも有名な[[ジャクソン (楽器メーカー)|ジャクソン]]の[[ジャクソン・ランディ・ローズ|ランディ・ローズ・モデル]]を使用していたが、盗難に遭った時に[[イーエスピー|ESP]]から提供を受け、その後はESPのシグネチャー・モデルを使用している。カラーは何種類かあり、ステージでは[[調律|チューニング]]ごとに使い分けている。また、彼が使用した最初のギターは[[東海]]楽器の[[テレキャタートラト]]である。ギターは[[フロイド・ローズ|フロイドローズトレモロ]]に1[[ピックアップ (楽器)|ピックアップ]]のシンプルな仕様で、[[エフェクター]]もあまり使用しない。
 
ボーカルスタイルはいわゆる正統派の[[デスヴォイス]]とはやや異なり、がなり気味の低音で吐き捨てる類のスラッシュメタル的なスタイルである。
2

回編集