「ユーザー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ユーザー''' (([[英語:user)]]: user)とは、実際に[[商品]]や[[サービス]]などを使う人、または買う人。<br[[使用者]]。利用者。需要者。最終[[消費者]]。企業にとっては顧客の意味もある。'''ユーザ'''とも。[[動詞]] />use(使う)に[[接尾辞]] -er(〜する人)が合わさった語。
use (使う) という[[動詞]]に[[接尾辞]]の「 -er:〜する人 」が合わさった派生語。<br />
[[使用者]]。利用者。需要者。最終[[消費者]]。企業にとっては顧客の意味もある。
 
== マーケティングにおけるユーザー ==
現在では、ユーザーは[[商品]]や[[サービス]]などを使用・購入・消費するだけではなく、その情報を[[口コミ]]や[[インターネット]]等で発信・拡散する存在でもある。また[[企業]]など[[商品]]や[[サービス]]の供給者は、[[商品開発]]や品質向上の過程においてユーザーの視点や[[ニーズ]]を様々な方法で取り入れるようになった。この点からユーザーは企業への提案者でもあり商品などの仕様の決定に深く関与している。
 
*インターネットの普及に伴い、様々な[[メディア]]においてユーザーを装った[[ステルスマーケティング|]](ステルスーケティング (ステマ) ]]などの[[宣伝]]行為が社会問題化した<ref>[http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20080410/298644/ ステルスマーケティングとは]  ITpro 最新IT用語解説  2008年5月30日</ref><ref>[[バズマーケティング]]</ref>
*尚、複合語として使用する場合、末尾の「ー」が無い「ユーザ」と使用する場合がある。
:例:エンドユーザ (end user)、ユーザグループ (user group) など。但しこれらの複合語においても「ー」をつけることは間違いではなく、[[借用語]]として定着していない他の外国語の[[語彙]]同様表現としての明確な正否はない。
 
==関連項目==
*[[商品学]]
*インターネットの普及に伴い、様々な[[メディア]]においてユーザーを装った[[ステルスマーケティング|ステルスマーケティング (ステマ) ]]などの[[宣伝]]行為が社会問題化した。<ref>[http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20080410/298644/ ステルスマーケティングとは] ITpro 最新IT用語解説 2008年5月30日</ref><ref>[[バズマーケティング]]</ref>
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
* [http://www.impressjapan.jp/books/2883 トリプルメディアマーケティング]  横山隆治 (著)  インプレスジャパン  2010年
 
== 関連項目 ==
* [[商品学]]
* [[使用者]]
 
{{デフォルトソート:ゆうさあ}}
[[Category:マーケティング|ゆさ]]
[[Category:商業|ゆさマーケティング]]
[[Category:経済|ゆさ商業]]
[[Category:市場|ゆさ経済]]
[[Category:流通|ゆさ市場]]
[[Category:流通]]
 
[[cs:Uživatel]]
275

回編集