「近衛府」の版間の差分

近衛大将の辞令の例
(近衛大将の辞令の例)
; [[近衛大将|大将]]
: 左右に各1名。[[権官]]はない。四等官における近衛府の長官(カミ)に相当する。天平神護元年([[765年]])2月3日、近衛府設置とともに、[[正三位]]の[[官位相当]]。[[延暦]]12年([[793年]])、[[従四位上]]に官位相当が降格し、さらに、延暦18年(799年)4月27日に[[従三位]]の官位相当に昇叙する。以後、定着する。[[従三位]]相当の官職だが、[[大納言]]に勝る重責の職で、古くは[[参議]]以上の兼務であったが、[[平安時代]]中期以後には[[大納言|権大納言]]以上[[左大臣]]以下の兼任が定制となる。ただし、[[摂関家]]嫡男などは[[中納言|権中納言]]で大将を兼任する例がよく見られた。また、「[[馬寮|馬寮御監]]」を兼任することもある。なお、[[羽林大将軍]]、親衛大将軍、虎牙大将軍といった[[唐名]]で呼ぶこともあり、左近衛大将・右近衛大将をそれぞれ「左大将」・「右大将」と省略した呼び方もある。
 
'''近衛大将の辞令(宣旨)の例'''  「日光東照宮文書」<br />
從二位行權大納言源朝臣家康<br />
從二位行權大納言源朝臣敦通宣<br />
奉 勅件人宜令兼任左近衞大將者<br />
天正十五年十二月廿八日 掃部頭兼大外記造酒正中原朝臣師廉奉<br />
(訓読文)従二位行権大納言源朝臣家康(徳川家康 45歳) 従二位行権大納言源朝臣敦通(久我敦通 23歳 従二位)宣(の)る、勅(みことのり 後陽成天皇 17歳)を奉(うけたまは)るに、件人(くだんのひと)宜しく左近衛大将を兼任せしむべし者(てへり) 天正15年(1587年)12月28日 掃部頭兼大外記造酒正中原朝臣師廉(押小路師廉 61歳 正四位上)奉(うけたまは)る
 
; 中将