「ケルン大司教」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 7 件をウィキデータ上の d:q11805 に転記)
'''ケルン大司教'''(ケルンだいしきょう、Erzbischöfe von Köln)は、[[カトリック教会]]の[[ドイツ]]、[[ケルン]]教区の[[首長]]、[[大司教]]である。
 
[[中世]]には寄進などによる膨大な領地をもち、領地からの収入および交易都市であるケルンからの財源収入により大きな経済力を持った。[[神聖ローマ帝国]]の[[選帝侯]]をつとめるなど、かつては世俗にも影響力を及ぼした。この状態はケルン大司教領が世俗化されるまで続いた。[[三十年戦争]]では、その地位を[[フランス王国]]に脅やかされた。
{{DEFAULTSORT:けるんたいしきよう}}
[[Category:ケルン大司教|*]]
[[Category:ドイツの司教]]
[[Category:選帝侯]]
[[Category:ドイツの領邦君主]]
匿名利用者