「ムドロス休戦協定」の版間の差分

typo
m (r2.7.2) (ロボットによる 変更: be:Мудроскае перамір'е)
(typo)
[[ファイル:Agamemnon at Mudros.jpg|thumb|250px|[[1915年]]の[[ガリポリの戦い]]の際、[[ダーダネルス海峡]]に出撃しムドロス港に停泊する[[ロード・ネルソン級戦艦]][[アガメムノン (戦艦)|アガメムノン]]。3年後の1918年10月、再度ムドロス港に入港したアガメムノンの艦上が戦協定の舞台となった]]
 
'''ムドロス戦協定'''(ムドロスきゅうていせんきょうてい、{{lang-en|Armistice of Moudros}}、{{lang-tr|Mondros Ateşkes Anlaşması}})は、[[1918年]][[10月30日]]、[[連合国 (第一次世界大戦)|連合国]]と[[オスマン帝国]]との間で締結された[[戦協定]]。
 
[[ダーダネルス海峡]]の入口に浮かぶ[[ギリシア]]領[[リムノス島]]の、ムドロス港(マウドロス港)に停泊中の[[イギリス海軍]]戦艦[[アガメムノン (戦艦)|アガメムノン]]の艦上において、オスマン帝国の海軍大臣[[ラウフ・オルバイ]]とイギリス海軍[[地中海艦隊 (イギリス)|地中海艦隊]]の提督サマーセット・アーサー・ゴフ=カルソープ(Somerset Arthur Gough-Calthorpe)らが署名した<ref>Karsh, Efraim, ''Empires of the Sand: The Struggle for Mastery in the Middle East'', (Harvard University Press, 2001), 327.</ref> 。この戦協定で、[[第一次世界大戦]]の[[中東戦線 (第一次世界大戦)|中東戦線]]での戦闘に終止符が打たれ、連合国諸国とオスマン帝国との戦争はオスマン帝国の敗戦に終わった。
 
== 戦交渉の開始 ==
オスマン帝国と連合国との戦に向けた協議は、まずオスマン帝国が、捕虜としていたイギリス陸軍少将[[チャールズ・タウンゼント]]([[クートの戦い]]で[[1916年]]に降伏して以来オスマン軍の捕虜となっていた)をイギリス軍の拠点であったムドロス港へ派遣したことによって開始された。連合国軍のイギリスとフランスとの間には[[エーゲ海]]での連合国艦隊の指揮をめぐって1918年にはイギリスとフランスには反目が生じており<ref name="helmreich3f">Paul C. Helmreich, S. 3f.</ref>、フランスが[[ブルガリア王国_(近代)|ブルガリア王国]]との戦協定で単独行動を取っていたこともあり<ref>Paul C. Helmreich, S. 31, Fußnote 2</ref>、イギリス海軍ゴフ=カルソープ提督はフランス抜きで中東での戦後の覇権を確固たるものとすべく<ref name="helmreich3f" />、休戦交渉を始めている
 
== 戦協定の内容 ==
* 双方の戦闘状態は、戦協定第25条の通り、[[10月31日]]木曜日の正午に終了した。
 
* オスマン帝国は[[アナトリア半島]]の外にある要塞を明け渡し、[[ダーダネルス海峡]]と[[ボスポラス海峡]]を管理する要塞を占領する権利を連合国に認めた。また、もし無秩序状態が起こり、連合国の安全に対する脅威となる場合は、オスマン帝国の領土のいかなる部分も占領できる権利も認めた。[[オスマン帝国軍]]は武装解除され、港湾・鉄道・その他戦略的要地を連合国が使用できることも認められた。[[カフカス]]地方では、オスマン帝国は大戦前の国境まで撤退しなければならないことも定められた。
* また、もし無秩序状態が起こり、連合国の安全に対する脅威となる場合は、オスマン帝国の領土のいかなる部分も占領できる権利を連合国に認めた。
* [[オスマン帝国軍]]は、自ら武装解除されることを認めた。
* オスマン帝国は、[[港湾]]・[[鉄道]]・その他戦略的要地に対する使用権を連合国に認めた。
* [[カフカス]]地方では、オスマン帝国が大戦前の国境まで撤退しなければならないことも定められた。
 
この停戦協定は、表面上はオスマン帝国とイギリス両国によって結ばれているが、ほとんどの条文は同年10月7日の連合国の会議で決められた内容であった。しかしイギリスがオスマン帝国と交わした最終的な条文には大きな変更点もあった。まず、当初案では、オスマン帝国軍は[[キリキア]](戦後の[[フランス]]勢力圏)からの即時撤退が求められていたが、イギリスによる最終案では治安維持のためのオスマン軍の残留が認められていた。また連合軍がオスマン帝国内の要地を占領できる権利については、「連合国の安全が脅かされた場合」という文言が追加され、トルコ国内の反乱への対応だけでなく[[ロシア内戦]]への干渉のためにもオスマン帝国内の要地を使用できるという含みを持たせた<ref>Paul C. Helmreich, S. 4</ref>。
 
== 締結後 ==
この戦協定の後、条文に基づいて英仏伊軍が[[イスタンブル占領]]([[1918年]][[11月13日]] - [[1923年]][[9月23日]])を行ったことはオスマン帝国の政府や国民に衝撃を与えた。さらに連合国による国土占領は進み、列強による[[オスマン帝国分割]]が着々と行われた。
 
[[1920年]][[8月10日]]には、この停戦協定を恒久的引き続く拡大させる[[講和条約]]となる'''[[セーヴル条約]]'''が連合国とオスマン帝国との間に締結され、オスマン帝国は列強、ギリシア、その他新たに独立する[[アルメニア]]や[[クルディスタン]]によって分割されることが決まった。
 
しかしこれに対して[[トルコ大国民議会|アンカラ政府]]によるトルコ独立戦争([[希土戦争 (1919年-1922年)|希土戦争]])が起き発生し、結果としてオスマン帝国は滅亡し、新たに建国された[[トルコ]]が失地を回復し、[[1923年]][[7月24日]]に西欧諸国と[[ローザンヌ条約]]を結ぶに至った。
 
== 関連項目 ==
* [[戦協定 (第一次世界大戦)]]
* [[セーヴル条約]]
* [[トルコ革命]]
{{第一次世界大戦}}
 
{{DEFAULTSORT:むとろすきゆうていせんきようてい}}
[[Category:オスマン帝国の条約]]
[[Category:講和条約]]
166

回編集