メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''教士'''(きょうし、[[英語|英]]:Teacher)は、[[武道]]における[[称号]]の第2位。上位の称号に「'''[[範士]]'''」、下位の称号に「'''[[錬士]]'''」がある<ref>{{refnest|group=注釈|[[居合道]]においては、[[全日本居合道連盟]]のみ、教士と範士の間に「[[準範士]]」の称号を制定している。</ref>}}。[[教師|教'''師''']]は誤字である
 
表記の仕方は、称号の上に取得した武道の名称を付す(〔例〕「[[剣道]]教士」)。取得称号及び[[段級位制|段位]]を表記する場合は、称号の下に段位を付すのが常である(〔例〕「教士七段」){{refnest|group=注釈|[[太平洋戦争|戦前]]は、段位と称号を併記して肩書きに使うことはほとんどなく、称号のみを使っていた。戦後に併記するようになったが、称号の上に段位を付し、「七段教士」といういい方もなされていた<ref>[[日本武道学会]]剣道専門分科会編『剣道を知る事典』(段位・称号前史)、[[東京堂出版]]</ref>。}}
 
== 概要 ==
== 教士号の成立(大日本武徳会の教士) ==
[[18951902年]]([[明治]]2835年)、[[小松宮彰仁親王]]を[[総裁]]として[[大日本武徳会]]が結成され定め称号である大日本武徳会は毎年、武道の[[全日山]]として[[剣道演武大会]]、[[弓道]]、[[柔道]]、[[居合道|武徳祭大演武会居合術]]を開催し優秀な武[[杖家に''']]、[[精錬証薙刀術]]'''、[[槍術]]、[[銃剣道|銃剣術]]など各種の武道家に教士号を授与した。
 
[[1946年]]([[昭和]]21年)、大日本武徳会は[[連合国軍最高司令官総司令部]](GHQ)指令により[[解散]]したが、その後発足した[[全日本剣道連盟]]や[[全日本弓道連盟]]などが大日本武徳会の事業を継承し、称号を授与している。
[[1902年]](明治35年)、大日本武徳会が定めた「[[#武術家優遇例|武術家優遇例]]」により、「[[範士]]」と「'''教士'''」の2称号が制定され、精錬証は教士の下位となった。
 
ただし、武道の称号には[[学位]]のような法的根拠や規制がなく{{refnest|group=注釈|学位は[[学校教育法]]や[[学位規則]]に定められているが、武道の称号にそのような根拠法令はない。また、[[軽犯罪法]]第1条15の規定により、「[[官職|官公職]]、[[位階]][[勲等]]、[[学位]]その他法令により定められた[[称号]]若しくは外国におけるこれらに準ずるものを詐称し、又は[[資格]]がないのにかかわらず、法令により定められた[[制服]]若しくは[[勲章]]、[[記章]]その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者」は、[[拘留]]又は[[科料]]に処されるが、武道の称号はこれには該当しない。}}、あくまで[[民間資格]]であるため、大日本武徳会の事業を継承する[[財団法人]]のほかにも小規模な[[権利能力なき社団|任意団体]]なども授与しており、個人の自称に近いものまである。
[[1918年]]([[大正]]7年)、武術家優遇例が「武術家表彰例」に改定された。
 
== 教士号の成立(大日本武徳会の教士 ==
[[1934年]]([[昭和]]9年)、精錬証が廃止され、「錬士」に改められた。
=== 沿革 ===
[[1895年]]([[明治]]28年)、[[小松宮彰仁親王]]を[[総裁]]として[[大日本武徳会]]が発足した。同会は'''[[精錬証]]'''という表彰制度を定め、毎年の[[全日本剣道演武大会|武徳祭大演武会]]において優秀な武術家に授与した。
 
[[19421902年]](昭和17明治35年)、[[太平洋戦争]]下の国策で大日本武徳会は「[[厚生省#武術家優遇例|武術家優遇例]]」を定め[[文部省]]、[[陸軍省]]、[[海軍省]]、[[内務省 (日本)|内務省範士]]」と「教士」所管する政府の[[外郭団体]]に改組され2称号を新設しにより精錬証は教士号も民間団体称号から政府外郭団体の称号下位しての意義を持つようになった。
 
[[19431918年]](昭和18[[大正]]7年)、審査規定の改定により、教士は武術家優遇例が'''達士'''武術家表彰例」に改された。
 
[[19451942年]]([[昭和20]]17年)、[[日本の降伏|日本の敗太平洋]]により下の国策で大日本武徳会は民間団体に戻りが[[厚生省]]さらに[[1946年文部省]](昭和21年)には[[連合国最高司令官総司令部省]]、[[海軍省]]、[[内務省 (日本)|GHQ内務省]]の武道禁止令により所管する政府の[[解散外郭団体]]に改組せられたにより、教士号も民間団体授与機関が消滅称号から政府外郭団体の称号とての意義を持つようになった。
 
[[19341943年]]([[昭和]]918年)、精錬証が廃止され審査規定の改定により教士は'''達'''」に改めら称された。
戦後、武道の禁止が解除されると、各武道を統括する[[財団法人]]が設立され、大日本武徳会の称号制度を受け継いだ。[[全日本剣道連盟]]、[[全日本弓道連盟]]などがそれである。
 
[[1945年]](昭和20年)、[[日本の降伏|日本の敗戦]]により大日本武徳会は民間団体に戻った。
 
[[1946年]](昭和21年)、[[連合国軍最高司令官総司令部]]の武道禁止令により大日本武徳会は[[解散]]した。
[[1957年]](昭和32年)、[[大日本武徳会#再建運動|大日本武徳会と称する武道団体が再び設立]]されたものの、戦前の大日本武徳会を継承する団体ではないため、各武道の称号は主にそれぞれの武道を統括する法人が授与するようになった。
 
=== 武術家優遇例 ===
[[1902年]](明治35年)5月7日
*第一条 本会ハ武術家優遇ノ趣旨ヲ明カニセンガ為メ左ノ各項ノ資格ヲ具備スル者ニ就キ詮衡委員会ノ推薦ニ依リ[[大日本武徳会#歴代総裁|総裁宮殿下]]ノ御裁可ヲ経テ範士、教士ノ称号ヲ授与ス
:範士ノ称号ヲ受クベキ者ノ資格<br>
:一、斯道ノ模範トナリ兼テ本会ノ為メ功労アル者<br>
:二、[[成年|丁年]](満二十歳)ニ達シタル後四十年以上武術ヲ鍛錬シタル者<ref>{{refnest|group=注釈|[[1914年]]([[大正]]3年)9月、「技能円熟特に斯道の模範となるべき者」には60歳未満であっても特例で範士号を授与することと定め、[[剣道]]は[[内藤高治]](52歳)、[[高野佐三郎]](52歳)、[[門奈正]](59歳)、[[柔道]]は[[磯貝一]](44歳)、[[山下義韶]](50歳)、[[永岡秀一]](39歳)に範士号が授与された。</ref><br>}}
:三、教士ノ称号ヲ有スル者
 
:教士ノ称号ヲ受クベキ者ノ資格<br>
:一、品行方正ニシテ本会ヨリ[[精錬証]]ヲ受ケタル者<br>
:二、[[全日本剣道演武大会|武徳祭大演武会]]ニ於テ武術ヲ演ジタル者
*第二条 詮衡委員ハ会長之ヲ推薦ス
#教士は、剣理に熟達し、識見優秀なる者。
#[[錬士]]七段受有者で、七段受有後2年を経過し、加盟団体の選考を経て加盟団体会長より[[推薦]]された者。
 
なお、[[2000年]]([[平成]]12年)4月1日に現行の制度に改正されるまでは、五段から教士の受審資格があったため、「教士六段」などが存在したが、現行の制度では取得できない。
 
== 全日本弓道連盟の教士 ==
 
== 脚注 ==
=== 注釈 ===
<references />
{{reflist|group="注釈"}}
=== 出典 ===
{{reflist}}
 
== 参考文献 ==
7,083

回編集