「ピッキング行為」の版間の差分

編集の要約なし
 
東京都内では1993年には69件に過ぎなかったピッキングの認知件数が2000年には11,089件にも達するなど大幅な増加を見せた。だがその後は減少に転じ、2002年には4,306件となった<ref>『「鍵」が危ない!』 pp.24-26。防犯意識の向上や各種ピッキング対策が功を奏したのではないかとしている。</ref>。
 
== ピッキングツール ==
[[File:Lockpicks.jpg|thumb|right|一般的なピッキングツールのセット.]]
* ピックとはタンブラーを押してシアラインを整えるための道具であり、鍵山の代わりをする。
* テンションとはシリンダーを回転させるための道具である。またそれと同時にピンが移動するのを防ぐ役割もある。
 
'''フックピック'''(画像の左から6,7番目)
* [[ピンタンブラー錠]]に使用する。
'''ダイヤモンドピック'''(画像の左から3,5番目)
* [[ピンタンブラー錠]]と[[ディスクタンブラー錠]]に使用する。
'''ボールピック'''(画像の左から4番目)
* [[ダブルディスクタンブラー錠]]に使用する。
'''レールピック'''(画像の右から1,2,番目)
* [[ディスクタンブラー錠]]専用でありレーキングに用いる。
[[File:TOOOL animation of pick gun usage.gif|thumb|ピックガンのアニメーション]]
'''ピックガン(Pick gun)'''
* ピックは1つ1つのピンを動かしてシアラインを整えるが、ピックガンでは全てのピンに衝撃を与え、一瞬シアラインを整えてシリンダーを回す道具である。
'''テンション'''(画像の左から1,2番目)
* 画像の左2つにあるようなL字型のテンションが基本である。
 
== 対策 ==
* {{Cite book ja-jp | title = 鍵の本 カギ業界vs仁義なき犯罪集団 | publisher = シーズ情報出版 | series=C's MOOK 満足王国シリーズ033 | year = 2001年 | isbn = 4-921105-33-2}}
* {{Cite book ja-jp | author = 松本剛、許斐武夫 | title = 「鍵」が危ない! | publisher = エクスナレッジ | year = 2004 | isbn = 4-7678-0344-6}}
* {{Cite |和書 |author = 鍵と錠の研究会/著 |title = 鍵開けマニュアル |date = 2006 |publisher = [[データハウス]] |isbn = 9784887188914 }}
 
== 関連項目 ==
*[[バンプキー]]
44

回編集