「計測」の版間の差分

全般加筆
m (ボット: 言語間リンク 15 件をウィキデータ上の d:q1770203 に転記)
(全般加筆)
'''計測'''(けいそく、measurement and instrumentation)は、[[機器]]などを用いて[[数量]]などを計ること。計測はしばしば技術分野で[[測定]](measurement)と同義の代わり使われる用語<ref name="keisokukougaku">南茂夫木村一郎、荒木勉『はじめての計工学』改行為そのものだけではなく第2版[[誤差]]・[[精度]]や機器の性能・手段などを考慮して行う講談社より包括的な概念である2012年12月、ISBN 9784061565111</ref>
*[[計測]](instrumentation)
*[[測定]](measurement)
*[[測定値]](measurements)
*[[観測]](observation)
 
==関連項目 概要 ==
古くから[[商取引]]の[[度量衡]]を支える[[測定機器]]生産・精度管理業務が存在していたが、近代産業の隆盛により、[[ものづくり]]において測定機器を購入し、[[生産ライン]]中に装備する技術が現れ、これを[[計装]](instrumentation)と呼ぶようになった<ref name="keisokukougaku"/>。計装には制御系の検出端の装備というニュアンスがあり、これらの意味合いから、技術分野では測定(measurement)の代わりに計測という用語が使われるようになった<ref name="keisokukougaku"/>。
*[[計測工学]]
 
*[[制御]]
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
* [[計測工学]]
* [[制御]]
* [[測定値]](measurements)
* [[観測]](observation)
 
{{tech-stub}}