「亜熱帯高圧帯」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 16 件をウィキデータ上の d:q972926 に転記)
m
[[日本]]の夏の気候に大きく影響する[[太平洋高気圧|北太平洋高気圧]]もそのひとつである。北大西洋における[[アゾレス高気圧]]、南大西洋における[[セントヘレナ高気圧]]、南インド洋における[[マスカリン高気圧]]、南太平洋における[[南太平洋高気圧]]も、それぞれ亜熱帯高気圧である。
 
亜熱帯高圧帯は、[[赤道]]上で生じた上昇気流により大気上層に上昇した空気が[[コリオリの力]]の影響で北緯/南30度付近で溜まり下降気流となって形成される([[ハドレー循環]])。下降気流は高温で乾燥するため、亜熱帯高圧帯のもとには[[砂漠]]が形成される。代表例が、[[サハラ砂漠]]である。
 
季節とともに[[太陽]]の照らす地域が移動すると亜熱帯高圧帯も南北に移動し、これによって夏にのみ亜熱帯高圧帯にかかる地域は[[地中海性気候]]となる。逆に冬にのみ亜熱帯高圧帯にかかる地域は、雨季と乾季がはっきりした[[サバナ気候]]や[[ステップ気候]]となる。
147

回編集