「尉官」の版間の差分

主な役職を加筆。
m (redirect回避)
(主な役職を加筆。)
'''尉官'''(いかん)は[[軍隊の階級]]区分の一。
'''尉官'''(いかん)は[[大尉]]、[[中尉]]、[[少尉]]の総称で[[軍隊における階級呼称一覧#.E4.BD.90.E5.AE.98|佐官]]や[[将官]]の[[類義語]]。[[兵]]や[[下士官]]などを率いて最前線で直接戦闘を行う[[士官]]である。
[[士官]]の最下級であり、[[佐官]]の下、[[准士官]]の上に位置する。
一般に、[[大尉]]、[[中尉]]、[[少尉]]の3階級からなる。
また、大尉の上に[[上級大尉]]を加えるなど、4階級からなる場合もある。
[[下士官兵]]を率いて最前線で直接戦闘を行う[[士官]]である。
 
[[陸軍]]では、主に[[中隊]]や[[小隊]]の[[指揮官]]または[[幕僚]]等を務める。
 
[[海軍]]では、主に[[軍艦]]の[[分隊長]]または[[分隊士]]等を務める。
 
[[空軍]]では、主に[[航空機]]の[[操縦士]]等を務める。
 
[[英語]]では''company officer''、[[フランス語]]では''officiers subalternes''という。
 
==日本の尉官==
[[大日本帝国陸軍|陸軍]]では[[陸軍士官学校]]、[[大日本帝国海軍|海軍]]では[[海軍兵学校]]を卒業した[[職業軍人]]がつく任官する最初の階級であり、最下級士官であり兵や下士官と士官を分ける境界でもある。「大尉」は陸軍と海軍では読みが異なり、陸軍では「たいい」、海軍では「'''だ'''いい」と呼ばれた。学校を出たての新米少尉には経験豊かな老軍曹が補佐につけられる。[[明治新政府]]が諸外国に倣って健軍した際、古代中国の軍人の職名をもとに翻案した歴史のある呼称で「軍隊ではない」[[自衛隊]]においても採用され、それぞれ一尉(大尉相当)、二尉(中尉相当)、三尉(少尉相当)とよばれる。
「大尉」は、陸軍では「たいい」、海軍では「'''だ'''いい」と呼ばれた。
学校を出たての新米少尉には経験豊かな老[[軍曹]]が補佐につけられる。
[[明治新政府]]が諸外国に倣って建軍した際、古代の[[律令]]の職名をもとに考案された歴史のある呼称である。
 
[[自衛隊]]では、一尉(大尉相当)、二尉(中尉相当)、三尉(少尉相当)からなる。
 
==参考項目==
221

回編集