メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''若彦路'''(わかひこみち)は、[[甲斐国]]と[[駿河国]]を結ぶ[[街道]]のひとつ。「若彦」の呼称は[[日本武尊]](ヤマトタケル)の子[[武彦王]]に由来するという(『[[甲斐国志]]』)。
 
史料上の初見は『[[吾妻鏡]]』[[治承]]4年([[1180年]])10月13日の[[甲斐源氏]]挙兵に際した軍事行動で、同10月[[武田信義]]ら甲斐源氏の一族と[[北条時政]]・[[北条義時|義時]]は駿河国へ向かい大石駅に宿し、駿河目代の軍勢が富士野を廻って襲来すると、「富士北麓若彦路」を越えたとされている。
15,506

回編集