「恒温動物」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 30 件をウィキデータ上の d:q193456 に転記)
 
== 恒温性の意義 ==
'''=== 利点:''' ===
恒温性の意義について、よくある誤解は「温度が高いほど化学反応が速く進むために体温を高く保つ」である。これならば最低体温は安定するが、最高体温はある程度変動するはずであり、人間の発汗のような冷却機能は不要なはずである。生物体内の化学反応はほぼ全て酵素反応である。酵素は温度により活性が変化するために単純に高温で反応が早くなるわけではない。また、酵素反応の最適温はその生物にとっての最適温でもない。例えば多くの[[アミラーゼ]]([[デンプン]]分解酵素)は60℃近辺に反応最適温を持つが、それを産生する多くの生物(ヒトや麹菌など)は60℃では死亡してしまう。生物には活動最適温があり、必要以上の[[体温]]上昇は危険である([[熱中症]])。つまり、{{要出典範囲|恒温性の意義とはより安定して活動最適温付近の温度を維持することである。このことにより外気温の変動にかかわらず、常に安定した体温の元、高い水準の生理活性を維持できることになる|date=2011-11}}。そのことにより、より広い温度域で生活できるようになる<ref>例えば、[[フユシャク]]と[[マルハナバチ]]は共に0℃の外気温でも飛翔できる。しかし、変温動物であり、最適体温が低いフユシャクは冬しか活動できないが、内温動物で活動最適体温そのものは高温であるマルハナバチは春~秋でも活動できる</ref>。このため、動物では気候帯を越えるような広域分布種の多くは恒温もしくは内温性である。</br>
また、{{要出典範囲|デリケートな生理反応におけるエラーを極小化できる|date=2011-11}}それゆえ、{{要出典範囲|恒温性は活動的な生物で生じやすく|date=2011-11}}、より非活動的な生物、例えば植物ではごく少数例しか発見されていない。恒温性とされるのは2007年現在世界で上記の[[ハス]]・[[ザゼンソウ]]・[[ヒトデカズラ]]の3種のみ、内温性のものは低温地域を中心に認められるが多くない。{{要出典範囲|植物における内温性や恒温性は[[訪花昆虫]]の誘引や最もデリケートな[[生殖]]細胞における受精や減数分裂などを正常に行うためであろう|date=2011-11}}とされている。大型樹木は早春の萌芽期初期には周囲の雪が融解するほど体温を上昇させ、幹で数度の温度を保つ。このことにより、零度以下の気温の中で糖類の転流を促進する。これも恒温性とは見なせないが、広くとらえれば内温性とは見なせる。
 
'''=== 欠点:''' ===
恒温といえるほどに体温を安定させるためには産熱と冷却を行わねばならない。後述するように[[体温]]を上昇させることは産熱を盛んにし体表面の断熱性を向上させればよいので比較的容易である。しかし、外気温以上に冷却することは困難である。そのためか、多くの恒温動物、特に放熱に不利な陸上生物では住環境温度よりもかなり高い体温(30-44℃)を持つのが普通である。多くの鳥類やほ乳類、ミツバチなど高度の体温恒常性を持つ生物では、低気温時のみならず休息や睡眠時にもさほど体温を下げられない(下げると死亡する。=[[低体温症]]を参照)。この体表から逃げる熱を補うための熱を体内で作り続ける=餌が大量に必要であり、[[食糧]]確保の面で変温動物よりもリスクが大きい。おおざっぱに言って、同程度の体重の変温動物の30倍程度(双方最適体温の時。同体温で比べれば5倍程度)の[[代謝]]率(≒必要食料量および産熱量)であるとされている。例えば、[[コアラ]]と[[ナマケモノ]]は樹上で木の葉を摂食し、ほとんどを眠って過ごすというよく似た生態と同程度の体重を持つ哺乳類であるが、典型的な恒温動物である前者の日当たり摂食量は500gに達するのに対し、典型的は変温動物である後者は10g程度である。</br>
このため、体温の維持が難しい寒冷地に生息する小型種を中心に休息時や[[冬眠]]・[[睡眠]]時、低気温時などでは維持設定体温を下げる、もしくは体温を維持しないという適応するものが存在する<ref name="drop body temp"/>。</br>
匿名利用者