「グラタン」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 14 件をウィキデータ上の d:q1412833 に転記)
{{Otheruses|料理のグラタン|野球選手のグラタン|トッド・グラタン}}
[[ファイル:Macaronigratin.jpg|thumb|200px|グラタンの調理例(写真はホワイトソースを使ったマカロニグラタン)]]
'''グラタン'''({{lang-fr-short|gratin}})は、[[フランス]]の[[ドーフィネ]]地方が発祥の地<ref>[http://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/0412/02.html 「料理食材大辞典」主婦の友社発行をもととした農林水産省の消費者相談「ドリア、ハヤシライス、グラタンの語源を知りたい」回答]2010年12月30日閲覧。</ref>といわれる[[郷土料理]]から発達した[[料理]]である。[[アメリカ合衆国]]においては、第3代[[大統領]][[トマス・ジェファーソン]]が好物のマカロニと[[パルメザンチーズ]]を組み合わせて作らせた、との説も流布されている<ref>21世紀研究会編『食の世界地図』文藝春秋・72P</ref>。食材を加熱する際に焼きすぎてしまったものが発祥とされ{{要出典|date=2010年12月}}、「[[オーブン]]などで料理の表面を多少焦がすように調理する」という調理法、およびその調理法を用いて作られた料理の両方を意味する。この調理法を用いたものはすべてグラタンであり、[[デザート]]用に作られるものなどもある。
 
日本では、「[[ベシャメルソース]]を用いたものをグラタンと呼ぶ」というイメージが強いが、それはグラタン全体の一部でしかない。