「ジョルジオ・アルマーニ」の版間の差分

略歴の企業活動部分をアルマーニに一部転記
(一部転記の準備に、略歴の映画部分を当該節にコピー)
(略歴の企業活動部分をアルマーニに一部転記)
* [[1957年]] - [[1964年]] - ミラノの百貨店「ラ・リナシェンテ」の[[バイヤー]]を務める。
* [[1964年]] - [[セルッティ]]社のメンズウェア「ヒットマン」のデザイナーと製品開発係を兼任。
* [[1975年]] - アルマーニが41歳のとき、[[セルジオ・ガレオッティ]]と共に自らの会社を設立し、自社商品(メインブランド)を発表。通称「ブラックレーベル」。以後、[[アレグリ]]、[[バグッタ]]、 [[ジボ]]、[[ヒルトン]]、[[ヒットマン]]、[[モンテドーロ]]、[[シコンズ]]、[[スピリト]]、[[ウンガロ]]、[[エルメネジルド・ゼニア]]、[[ロエベ]]など、多彩なブランドのデザインも引き受けていた
::''以後の企業活動は「[[アルマーニ]]」を参照。
* [[1979年]] - ディフュージョンライン「ARMANI COLLEZIONI」と「MANI」を発表。通称「ホワイトレーベル」。
* [[1980年]] - 映画『[[アメリカン・ジゴロ]]』で[[リチャード・ギア]]の衣装を担当。これが、アルマーニの初めてのオフィシャルでの衣装協力であり、アルマーニの世界的な成功が始まる。
* [[1981年]] - [[セカンドライン]]「''EMPORIO ARMANI''」を発表。同年「''ARMANI JEANS''」も発表。
* [[1999年]] - 新たにアクセサリー部門を創設。またアパレルとしては最初期のeコマースサイト「www.giorgioarmani.com」を立ち上げると同時に、「www.armaniexchange.com」によりアメリカでスタート。
* [[2000年]] -「[[ジョルジオ アルマーニ コスメティックス]]」と「[[アルマーニ カーザ]]」を開始。ニューヨーク市の[[ソロモン・R・グッゲンハイム美術館]]にて、大回顧展「ジョルジオ・アルマーニ展」をスタート。その後数年をかけ、スペイン、ドイツ、イギリス、イタリア、日本、中国を巡回した。
* [[2001年]] - [[安藤忠雄]]の設計による劇場「アルマーニ・テアトロ」が、ミラノ南西ポルタ・ジェノヴァ地区にオープン。
* [[2004年]] -「アルマーニ・ラグジュアリーホテル&リゾート」を設立。「エンポリオ・アルマーニ」のスポーツライン「EA7」をスタート。
* [[2005年]] - [[オートクチュールライン]]「''GIORGIO ARMANI PRIVE''」を発表。[[メルセデス・ベンツ]]とコラボレーションし、CLK500カブリオレのボディカラーとインテリアをコーディネートした特別仕様車「メルセデス・ベンツ CLKデジーノ」を発表。
* [[2006年]] - メンズの[[オーダーメイドライン]]「''GIORGIO ARMANI HANDMADE TO MEASURE''」をスタート。[[トリノオリンピック]]では、聖火ランナーを務め、ミラノ市内を走り抜けた。
* [[2007年]] -アルマーニ社とサムスン電子とのコラボによる携帯電話「GIORGIO ARMANI PHONE」をヨーロッパで発売。
* [[2008年]] -アルマーニ社とサムスン電子とのコラボによる携帯電話「EMPORIO ARMANI PHONE」をヨーロッパで発売。
* [[2009年]] -「EMPORIO ARMANI PHONE」の日本仕様版「[[SoftBank 830SC]]」が、「[[ソフトバンクモバイル]]」より9月18日発売。
* [[2010年]] - アルマーニ社として、世界初となる「アルマーニ・ホテル・ドバイ」が、ドバイの「[[ブルジュ・ハリファ]]」内に4月27日にオープン。
* [[2011年]] - アルマーニ・ホテル2号店となる「アルマーニ・ホテル・ミラノ」が、ミラノの中心街、モンテナポレオーネ通りに面した「マンゾーニ通り」に11月10日にオープン。
 
== 映画 ==