「由谷義治」の版間の差分

m
[[鳥取市]][[川端 (鳥取市)|川端]]四丁目、鹿野街道の[[呉服]]商・由谷喜八郎の長男に生まれる<ref name="hyakuketu_p441">『鳥取県百傑伝』441頁</ref>。
 
[[鳥取県立鳥取西高等学校|鳥取一中]]<ref name="hyakuketu_p441"/>から、[[早稲田大学]]中退<ref name="Ziten_p981">『鳥取県大百科事典』981頁</ref>。父喜八郎が創業した[[運業]]に従事<ref name="hyakuketu_p441"/>。[[1912年]]([[明治]]45年)[[家督]]を[[相続]]する<ref name="zinzi8pユ2"/>。二十代の青年時代はもっぱら運送屋の若主人として厚司と[[前垂れ]]姿でよく働いた<ref name="hyakuketu_p441"/>。
 
[[1919年]]([[大正]]8年)5月市会議員・9月県会議員になり、[[1924年]](大正13年)に[[第15回衆議院議員総選挙|衆議院議員に当選]]して以来[[太平洋戦争]]終結まで政治家として活躍<ref name="Ziten_p981"/>。
2,800

回編集