「ガチバカ!」の版間の差分

m
=== 主要人物 ===
* '''権藤 鉄太(ごんどう てった) - [[高橋克典]]'''
: 本作の[[主人公]]・新米教師。3年E組担任。通称:'''ゴンタ'''。高校時代は手のつけられない程札付きの不良少年だったが、恩師の秋山のおかげで更生し、[[プロボクサー]]になったが、傷害事件を起こしてボクシング界を追放された。その後、恩師の秋山の勧めで大検を経て、夜間の大学に入学。36歳にして教員免許を取得し、恩師の葬式に参列していた、柿の木坂高校・元理事長の辻堂健一郎に採用される。バカがつくほど一本気。教師を天職と信じ、常に生徒の身になって考え、どうすれば生徒をよりよい状態に持っていけるかを考えている。頭で考えるより先に体が動いてしまう性格なため小牧や武田校長からは問題視されている。第9話で、加奈が中学時代に小室から受けた[[セクシャルハラスメント|セクハラ]]を打ち明けた際には、それでも否定を続ける小室を殴り逮捕されたものの、最終話で、過去に小室が加奈以外の複数の女子生徒にもセクハラ行為に及んでいたことが判明し、強制わいせつ容疑で逮捕されたことから罪には問われず釈放されたが、その責任を取って、柿の木坂高校を自ら退職し、[[運業]]に転職した。実に高校時代の自分を見ている。[[フリーター]]時代、数々の職を転々としたため、色々な人間に顔が利く。
* '''辻堂 小牧(つじどう こまき) - [[井上和香]]'''
: 柿の木坂高校の理事長で、健一郎の娘。鉄太をあまりよく思っていない。容姿端麗だが酒癖は非常に悪い。クールで冷徹な性格だがたまに思いやりのある一面もみせる。心の底では父の理想を高く評価しているが理想と現実は違うと諦め、元理事長の考え方に反発。しかし、本当は父の創った高校を潰したくないという父への思いが理事長になった最大の理由。佐々岡コウジとは因縁があるらしい。
2,800

回編集