「グルカゴン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 47 件をウィキデータ上の d:q170617 に転記)
m編集の要約なし
[[ファイル:Glucagon.png|thumb|グルカゴンの構造]]
'''グルカゴン''' (glucagon) は29[[アミノ酸]]残基からなる[[ペプチドホルモン]]で、[[炭化水素]]の[[代謝]]に重要な機能を持つ。[[分子量]]3,485ダルトン。[[インスリン]]とともに[[血糖値]]を一定に保つ作用をする[[ホルモン]]であり、インスリンとは反対に血糖値が下がって[[糖]]を必要とするようになったときに[[肝細胞]]に作用して[[グリコーゲン]]の分解を促進する。Kimball と Murlin によって[[膵臓]]の抽出物から1923年に発見された。グルカゴンは主に膵臓の[[ランゲルハンス島]]のA細胞(α細胞)で生合成、分泌される。膵臓のほかにも消化管から分泌される。膵外グルカゴンは腸管グルカゴンとも呼ばれる。なかでも[[胃底部]]に最も多く分布する。
 
== 分泌調節 ==