「ラーメン二郎」の版間の差分

(ノート参照の事。)
=== ジロリアン ===
下記の条件に該当する一部のラーメン二郎ファンを「ジロリアン」と表現することがある<ref name="woman"/><ref name="hayamizu-229">[[速水健朗]]『ラーメンと愛国』 [[講談社]]、2011年10月18日、229頁。ISBN 978-4062800419。</ref><ref name="allabout20011015">[http://allabout.co.jp/gm/gc/216564/ 二郎はラーメンではなく二郎という食べ物なのだ。ジロリアンとは、何者?] - [[All About]] 2001年10月15日</ref><ref name="news20100522">[http://www.news-gate.jp/2010/0522/4/ “ジロリアン”が語る「ラーメン二郎」の3つの魅力って?] - News-gate([[角川書店]])・[[東京ウォーカー]] 2010年5月22日</ref><ref name="foodlabo-2">[http://www.ss-foodlabo.com/series/series_001_02.html 人気グルメの解剖学 / 第1回 ラーメン二郎〔2〕] - フード・ラボ(柴田書店)</ref>。
*熱狂的なラーメン二郎ファン<ref name="gigazine20111117"/><ref name="j20090512"/><ref name="news20100522"/><ref name="foodlabo-2"/>、またラーメンが好きなのではなくラーメン二郎が好きで、ラーメン二郎を食べ歩く人<ref name="allabout20011015"/>。[[おたく]]のように傾倒し、魅了されたり<ref name="foodlabo-2"/>、こよなく愛する人<ref name="woman"/>。[[ソウルフード]]としている人<ref name="woman"/>。
*[[おたく|傾倒]]し、魅了されたり<ref name="foodlabo-2"/>、こよなく愛する人<ref name="woman"/>。[[ソウルフード]]としている人<ref name="woman"/>。
*勝手に[[ルール]]を作る[[カルト]]的なファン<ref name="hayamizu-229"/>
ライターの[[速水健朗]]は、彼らの多くが「二郎のラーメンが特別に美味しいわけではないが、食べずにいられない」「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物である」といった価値観を持っていることを指摘し<ref>『ラーメンと愛国』230-231頁。</ref>、ラーメン二郎を食べることを修業とし巡業のように何度も訪れたり各地を回る[[信者]]のようだと考察している<ref>『ラーメンと愛国』232-235頁。</ref>。また、ラーメン二郎は他の多くのラーメンチェーン店と違って店舗ごとに味が異なるため、様々な店舗を訪れてその味の違いなどの情報交換をインターネット上(ブログなど)で行ってコミュニケーションの素材として楽しんでいる<ref>『ラーメンと愛国』232-235頁。</ref>。このようにジロリアンははラーメン二郎を「勝手なルールを元にしたゲーム」のように消費している面があるという<ref>『ラーメンと愛国』236-237頁。</ref>。
匿名利用者