「大国主の神話」の版間の差分

m
→‎八十神の迫害: 大国主神話の「オオヤビコ」が家宅六神のそれなのか五十猛神のことなのか断定できないので、敢えて曖昧さ回避ページにリンク
m (→‎八十神の迫害: 大国主神話の「オオヤビコ」が家宅六神のそれなのか五十猛神のことなのか断定できないので、敢えて曖昧さ回避ページにリンク)
オオナムヂの母親の刺国若比売(サシクニワカヒメ)は息子の死を悲しんで[[高天原]]に上り、[[カミムスビ]]に救いを求めた。カミムスビが遣わした[[キサガイヒメ・ウムギヒメ|キサガイヒメ(𧏛貝比売)とウムギヒメ(蛤貝比売)]]の治療によりオオナムヂは生き返った<ref>戸部民夫 『日本神話』 77-79頁。</ref>。
 
オオナムヂの復活を知った八十神は、再度殺害を試みた。大木を切り倒して楔で割れ目を作り、そのなかにオオナムヂを入らせ、楔を引き抜いて打ち殺してしまった。母親は泣きながらオオナムヂを探して大木をみつけ、すぐに木を裂いて取り出して生き返らせた。母親は、「あなたはここにいたら、八十神に滅ぼされてしまうだろう」といい、木国の[[五十猛大屋毘古神|オオヤビコ]]の所へ行かせた<ref>戸部民夫 『日本神話』 79-80頁。</ref>。
 
オオヤビコの所へ行くと、追ってきた八十神がオオナムヂの引き渡しを求めた。オオヤビコはオオナムヂを木の股を潜り抜けさせて逃がし、[[スサノオ]]のいる[[根の国|根の堅州国]]に向かうようにいった<ref>戸部民夫 『日本神話』 81頁。</ref>。
42,276

回編集