「雅歌」の版間の差分

m
cf
m (cf)
m (cf)
『'''雅歌'''』(がか、{{lang-he|שיר השירים}} Šīr-hašŠīrīm シール・ハッ=シーリーム, {{lang-de-short|Hohes Lied}}, {{lang-en-short|Song of Songs}} あるいは the Song of Solomon)は[[ヘブライ聖書]]の中の一編。
 
男女の[[恋]]の歌であり、[[ユダヤ教]]では「[[諸書]]」のうちに入る。[[キリスト教]]では伝統的に[[預言書]]の前に置かれる。恋愛と男女の賛美を歌い上げる詩であるため、扱いをめぐって古来から議論が絶えなかったが、さまざまな経緯を経て正典におさめられた。キリスト教の[[置換神学]]においては比喩的に解釈して「[[キリスト]]と[[教会]]の関係」を歌う歌であるという解釈がされてきた。ある意味、異色の作品である。
 
1:1に「[[ソロモン]]の雅歌」として、[[ソロモン|ソロモン王]]の作であるとされる。