「東京株式取引所」の版間の差分

編集の要約なし
'''東京株式取引所'''(とうきょうかぶしきとりひきじょ)は、日本初の公的な証券取引機関。1943年に全国の11株式取引所が統合され[[日本証券取引所]]となり廃止。旧東京株式取引所は、[[日本証券取引所]]の本所となる。戦後は、[[東京証券取引所]]として新たに事業を開始する。また、自社銘柄である東京株式取引所の株式及びその新株(通称を新東という)は当時の上場株式の中でも指標、代表銘柄として活発に売買された。とくに、新東株の投機は非常に盛んで新東投機に投入される資金量は莫大で、事あるごとに問題視されていた。
 
== 沿革 ==
匿名利用者