「女性語」の版間の差分

細かな加筆・修正
(細かな加筆・修正)
現代の日本で一般的に女性語として認識されている言葉の起源は、[[明治]]時代に有産階級の女学生の間で発生した「'''てよだわ言葉'''」である。「よくってよ」「いやだわ」などの言葉の流行は、当時は「異様なる言葉づかひ」([[尾崎紅葉]]<ref>[http://www.ne.jp/asahi/nihongo/okajima/huseigo/teyodawa.html 『流行言葉』]</ref>)などと文化人の非難の的になったが、結果的には中流以上の女性層で定着し、規範的な女性語として扱われるようになった。
 
[[1980年代]]頃からは、男女ともに「だよ」「だね」「じゃん」といった[[ユニセックス]]な言い回しが好まれるようになり、「てよだわ言葉」の流れをくむ女性語は中年以上の女性が用いるほかは、[[オネエ言葉]]に誇張された形で残っている。ただし、一人称代名詞に関しては依然として男女差が強く意識されており、「僕」や「俺」を常用する女性は極めて少数派である([[ボク少女]]を参照)
 
話し言葉としては衰勢にある女性語であるが、話者が女性であることを際立たせるための[[役割語]]としては、現在も多用される。女性作家による作品では、女性の台詞は現実の言葉遣いを反映してユニセックスな言い回しであることも多いが、あえて女性語が多用されることも少なくないある
 
=== 女性語一覧 ===
{{節stub}}
{{独自研究|section=1|date=2008年5月}}
ここでは、共通語における主な女性特有あるいは女性的な表現を取り上げる。地方によっては用法が異なったり、男性が用い語であったりする場合もある。
 
=== 主な言葉 ===
* [[一人称]]は「わたし」が基本形で、砕けた「あたし」もよく使われる。改まった場では「わたくし」。これらは女性語であると同時に、男性においても改まった場で使われる言葉である。また、[[西日本]]では「うち」も用いられる(共通語では「うちの会社」などの用法はあるが、一人称としては通常用いない)。
<!-- * 共通語では[[男性語]]とされていた「僕」「俺」「おいら」などを一人称に使う女性もいる([[ボク少女]])。 アニメなどの影響を受けた少数派であり、主な言葉で載せる必要はない -->
* [[二人称]]は「[[あなた]]」が代表的であるが、同輩か目下には「きみ」「あんた」「あーた」などの使用もある。また、現在ではほとんど用いられないが「おまえさん」「おまいさん」などの使用もある。
* 丁寧語のあとに「わ」「のよ」「かしら」「もの」といった終助詞をつける用法は、お嬢様や貴婦人の言葉として認識されている。「そうですわ」「いますわ」「ですのよ」「できますかしら」「ですもの」など。
 
== 関連項目 ==
* [[男性位相語]]
* [[俗語]]
* [[女房言葉]]
* [[若者言葉]]
* [[オネエ言葉]]
* [[ギャル語]]
* [[ボク少女]]
 
{{DEFAULTSORT:しよせいこ}}