「三色同刻」の版間の差分

'''三色同刻'''(さんしょくドーコー)とは、[[麻雀]]における[[役 (麻雀)|役]]のひとつ。[[麻雀牌#萬子|萬子]]・[[麻雀牌#索子|索子]]・[[麻雀牌#筒子|筒子]]それぞれの色で同じ数字の[[面子#刻子|刻子]]([[面子#槓子|槓子]]も含む)を作ったときに成立する。2翻。最低点2000点。全[[和了]]型の約8/1,000,000に留まり、[[役満]]以外では最も確率が低い。[[副露#喰い下がり|喰い下がり]]はない。ただし、[[門前清|門前]]3翻、喰い下がり2翻とするローカルルールも存在する。[[副露#ポン|ポン]]をして作ることが多いことから、'''三色同ポン'''とも呼ばれる。略称は'''三同刻'''(サンドーコー)、三同ポン。
__TOC__
== 概要 ==