「ドクターペッパー」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
=== 日本 ===
[[ファイル:Drpepperinjapan2010.jpg|thumb|日本のドクターペッパー缶]]
日本では[[1973年]]から販売されているが、販売地域は限られており全国で一般的に飲まれている飲み物ではない<ref name="REALLIVE20110728" />。その理由は、一時期[[日本コカ・コーラ]]の販売網から外れて[[カナダドライ]]系列で製造・販売されていたことや、現在日本において定期的に販売を行っているのが、[[コカ・コーライーストジャパンプロダクツ]]の供給エリアである[[東京コカ・コーラボトリング]]、[[利根コカ・コーラボトリング]]、[[三国コカ・コーラボトリング]]の3ボトラーに加えて、[[コカ・コーラセントラルジャパン]]の旧[[富士コカ・コーラボトリング]]地区、[[沖縄コカ・コーラボトリング]]の5つのボトラーの販売区域のみなので、事実上[[関東地方]]、[[中部地方]]及び[[沖縄県]]以外しか販売されては、購入は可能であるものの、知名度の低商品とってことによる([[関東ローカル#関東ローカルの商品]]参照)。また、日本では独特の風味が受け入れられず、好き嫌いが分かれる飲み物とも評されている<ref name="REALLIVE20110728" />。
 
利根エリア([[千葉県]]、[[栃木県]]、[[茨城県]])および[[沖縄県]]では、多くのコカ・コーラ[[自販機]]で販売され入手しやすい状況となっており、[[東京都]]でもその範囲が拡大される傾向にある。三国エリア([[埼玉県]]、[[群馬県]]、[[新潟県]])、旧富士エリア([[神奈川県]]、[[山梨県]]、[[静岡県]])では前者ほど販売網は広くは無いが、缶入り又はペットボトル入り製品が自販機やスーパー等で入手できる。[[長野県]]は一部小売店等で入手できる。それ以外の地域では現地販売会社がレギュラー商品として扱っておらずいないが一部の小しているチェーン舗が非常に限られているために国産品を([[ヴィレッジヴァンガード (書籍・雑貨店)|ヴィレッジヴァンガード]]や[[ドン・キホーテ (企業)|ドン・キホーテ]])等で入手することは非常に困難が、。また通信販売で購入したり、輸入食料品店などで日本国外産のものを入手することは可能である。2009年10月にはパッケージデザインをリニューアルした。
 
利根コカ・コーラボトリングの販売地域では、利根ソフトドリンク(現:[[イトシア]])を介して長年に亘り主力商品として販売されているため認知度が特に高い。これは、瓶売りが中心だった時代に他のコカ・コーラ製品よりもドクターペッパーは10円安・[[くじ]]付きで販売され、お小遣いの少ない小・中学生に支持されたという歴史的側面、および利根社が管轄する自販機には高い確率で搭載されていたという物理的側面が大きく作用している。近年までこの瓶入り製品が販売されていたが、[[コカ・コーライーストジャパンプロダクツ]]発足に伴う工場再編の流れの中、茨城工場のガラス瓶製品ラインが廃止されたのに伴い終売した。[[ワンウェイ瓶]]製品は[[みちのくコカ・コーラボトリング]]青森工場に生産を委託し継続して販売されていたがこれも現在では終売した。
東京コカ・コーラボトリングの販売地域では、[[1980年代|80年代]]半ばに東京カナダドライ社に販売が移管され、一時期カナダドライの自販機にて扱っていた(後に東京カナダドライ社が[[カルピス]]に身売りされ東京カルピスビバレッジとなると、その管轄自販機で引き続き販売された。そのため自動販売機に貼ってあった写真には[[カルピスウォーター]]、[[味の素ゼネラルフーヅ|blendy]]缶コーヒー、ドクターペッパーが並んで写っていた)。また、三国コカ・コーラボトリング、富士コカ・コーラボトリング、沖縄コカ・コーラボトリングの販売区域内ではそれぞれ子会社の[[三国フーズ]]、[[富士ビバレッジ]]、沖縄カナダドライ(現:[[琉仁カスタマーサービス]])名義で販売された。
 
なお1973年のドクターペッパーの発売開始と期を同じくして、一部コカ・コーラボトラーから類似商品である[[ミスター・ピブ]]が発売されたが、売り上げが芳しくなく短期で販売終了となった。また関西では[[近畿コカ・コーラボトリング]](現:[[コカ・コーラウエスト]])がラインナップ拡充の目的で[[1983年]]4月に350ml缶を発売したが、思ったように消費者に受け入れられず2年で終売した。その後、関西地方のコカコーラ・ボトラーからは正式販売されていない。
 
また[[岐阜県]]など、発売自体がされていない地域がいくつかある。ただし現在は[[Amazon.co.jp|Amazon]]などのいくつかの通信販売業者が取り扱いをしており、それらの地域に住んでいても全く入手不可能という訳ではない。