「ハンナ・ライチュ」の版間の差分

m
→‎グライダーの世界へ再び: カール・リッター (映画監督) に
m (ボット: 言語間リンク 27 件をウィキデータ上の (d:Q57157 に転記))
m (→‎グライダーの世界へ再び: カール・リッター (映画監督) に)
 
===グライダーの世界へ再び===
[[ファイル:Karl Ritter mit del Fliegerin Hanna Reitsch in einem Scheibe-Falken 1968.jpg|thumb|200px|[[{{仮リンク|カール・リッター (パイロット映画監督)|カール・リッター]]en|Karl Ritter (director)}}と(1968年)]]戦後、ドイツ人の航空機での飛行は禁止されていたが、グライダー飛行はまもなく許可され、スペインでのグライディング世界大会で3位になったのを手始めに、女性の高度飛行記録(6848 m)を含む数々の世界記録を更新し続け、[[1955年]]にはドイツチャンピオンに<!-- 英版では脚注なし -->。
[[1959年]]、[[ジャワハルラール・ネルー|ネルー]]首相にインドへ、[[1961年]]、[[ジョン・F・ケネディ]]大統領にアメリカへ招かれ、黒人初のグライダー飛行学校を作った[[ガーナ]]に[[1962年]]から[[1969年]]にかけて居住した。また、1970年代を通して、[[アパラチア山脈]]間での 715km(1976年)、802km(1979年)飛行記録を含む、様々なグライダー部門における女性世界記録を塗り替えた<!-- 英版では脚注なし -->。同時期、第1回世界ヘリコプター大会女性部門で1位にもなった<ref>wwiihistorymagazine.com, ''[http://www.wwiihistorymagazine.com/2005/may/col-profiles.html Profiles]'', May 2005 英語版では2008年5月6日に引用。</ref>。
 
5,247

回編集