「GUAM」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 29 件をウィキデータ上の d:q326816 に転記)
[[ファイル:GUAM Summit 2006.jpg|thumb|240px|[[2006年]][[5月22日]]~[[5月23日|23日]]に[[キエフ]]で開催されたGUAM会議の記念切手。]]
 
'''GUAM'''([[キリル文字]]: ГУАМ, [[グルジア文字]].: სუამი) とは、[[グルジア]]・[[ウクライナ]]・[[アゼルバイジャン]]・[[モルドバ]]の4カ国による国家連合際機関である。GUAMという名称は、加盟4カ国の[[頭文字]]を集めたもの。事務局をウクライナの[[キエフ]]に置く。なお、[[1999年]]から[[2005年]]までは[[ウズベキスタン]]も加盟していたため、GUUAMという名称であった。
 
== 加盟国 ==
 
== 歴史 ==
[[ソビエト連邦]]の崩壊後、[[バルト三国]]を除く12カ国が[[独立国家共同体]] (CIS) を形成したが、[[ロシア]]が旧ソ連諸国への影響力を維持するための機構として残ったため、ロシアの影響圏からの離脱を希望する上記4カ国が集まり、[[1997年]][[10月10日]]に創設された。当初は連絡会議としての性格が強かったが、[[2002年]]6月に開催された首脳会議にて、GUUAM憲章条約が調印された。その後、[[2004年]][[12月]]に脱露・入欧米路線を掲げる[[ヴィクトル・ユシチェンコ]]が[[オレンジ革命]]により[[ウクライナの大統領]]に選出されると、反ロシア連合を強化しようという動きが強まり、[[2006年]][[5月22日]]から23日にかけてキエフで開催された参加国首脳で、正式に国際機関へと発展させることを決め、名称もまたGUAMから「民主主義と経済発展のための機構GUAM」と変更すること、事務局のキエフへの設置が決定された。
 
2001年のヤルタ憲章、および2006年のキエフ憲章にこの機趣旨はCIS諸国主要目的が明記されている。キエフ憲章よると「'''自由、民主主義、人権擁護、法の支配等の共通の価値'''」を広げる、と書かれてうものる。た{{要出典範囲|そ4つ機関点に当歴史を見はまらないアゼルバイジャンやモルドバ|date=2009年8月}}が、それぞれの加盟国が必ずていもこの目的を全うすよう行動したから、事実上の反露同盟の性格は言いとみなされているこの結成初期に見られた四カ国の共通点は比較的親欧米路線で、ロシアとは政治・領土・エネルギー問題で対立関係にあるというところであったが、政治状況の変化から、ロシアとの対立関係、および欧米との協力関係もまた一様ではなかった
 
ウズベキスタンは[[2001年]]の[[対テロ戦争]]への協力でも明らかなように、親欧米路線を取っていたが、[[2002年]]からは離脱を表明、GUUAMの会議にも出席していなかった。最終的に、[[2005年]]に起きた国民の反政府運動が欧米勢力に煽動されたものとして、親露へ転じて脱退した。なお、ウズベキスタンは[[上海協力機構]]の結成メンバーでもあり、当初より4国と性格を異にしていた。
 
しかし、その後モルドバとアゼルバイジャンは[[全方位外交]]路線へと方針展開し、ウクライナでもロシアとの関係改善を掲げる[[ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ]]が大統領に就任したことで現在反グルジアも2012年の選挙でロシア姿勢関係改善明確掲げたイヴァシヴィリが大統領しているのはグルジア一国だけである選出された
 
GUAMの存続は何度となく危ぶまれてきたが、その都度、反露、反テロ、経済発展、民主主義、輸送、のように、加盟国間の現状と目的をすり合わせることで、今日まで存在し続けている。
 
== 関連項目 ==
1,139

回編集