「リュウビンタイ科」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 18 件をウィキデータ上の d:Q178286 に転記)
'''リュウビンタイ科'''(Marattiaceae)は[[シダ植物門]]の分類群。大型の常緑性シダで、[[熱帯]]・[[亜熱帯]]の[[森林]]に自生する。日本では[[本州]]南岸以南に2属5種自生する。塊状の[[地下茎]]から[[複葉]]を出す。
 
==概説==
リュウビンタイ科は[[ハナヤスリ類]]とともに、「真嚢シダ類」とも呼ばれる。これは[[胞子嚢]]が複数の[[細胞]]に由来し、複数の細胞層に包まれているためである(それ以外のシダは薄嚢シダ類といい、胞子嚢は単一の細胞層に包まれる)。現生種は ''Angiopteris''(リュウビンタイ属)、''Christensenia''、''Danaea''、''Marattia''(リュウビンタイモドキ属)の4属からなり、そのほかに[[化石]]種も多数知られている。
 
28,698

回編集