「長井氏」の版間の差分

編集の要約なし
(鎌倉幕府別当大江広元の次男<)
'''長井氏'''は[[大江氏]]系の日本の氏族。
 
[[鎌倉幕府]][[別当]][[大江広元]]の次男[[大江時広|時広]]を祖に持つ長井氏は、[[承久の乱]]の際に時広の兄の[[大江親広|親広]](のちの[[寒河江氏]]の祖)が朝廷方についたため、以後大江氏の総領挌となり栄えた。[[置賜郡]]長井荘[[地頭職]]を代々務め、[[米沢城]]を築き、[[鎌倉幕府]]の[[北条氏]]、[[室町幕府]]の[[足利氏]]らの下につき活躍した。
 
だが1380年に[[伊達宗遠]]に目をつけられ侵攻を受けるようになる。1385年にはついに[[伊達政宗 (大膳大夫)|伊達政宗]]に滅ぼされてしまった。
 
[[備後国|備後]]にも長井氏の一派は存在したが、[[長井貞広]]の代で子がなく、[[毛利氏]]から当主[[毛利元春]]の子の[[福原広世|広世]]を養子として迎え、[[安芸福原氏|福原氏]]と名を変え子孫は毛利氏の家臣として存続した。
 
 
== 大江姓長井氏の人物 ==
長井氏(出羽長井氏)
*[[長井時広]]
*[[長井泰秀]]
*[[長井時秀]]
*[[長井宗秀]]
*[[長井貞秀]]
*[[長井時春]]
長井氏(備後守護家)
*長井時広
*[[長井泰重]]
*[[長井頼重]]
*[[長井貞重]]
*[[長井貞頼]]
*[[長井貞広]]
*[[福原広世]]([[安芸福原氏|福原氏]])
 
{{history-stub}}
 
[[Category:日本の氏族|なかいし]]
匿名利用者