「伊達政宗 (大膳大夫)」の版間の差分

編集の要約なし
'''伊達 政宗'''('''だて まさむね'''、[[文和]]2年/[[正平]]8年([[1353年]]) - [[応永]]12年[[9月14日 (旧暦)|9月14日]]([[1405年]][[10月7日]]))は、[[室町時代]]の[[武将]]である。父は[[伊達宗遠]]。
 
[[伊達氏]]の九代当主。妻は[[室町幕府]][[征夷大将軍|将軍]][[足利義満]]の生母[[紀良子]]の妹。[[1377年]]に家督相続。[[1400年]](応永7年)に[[鎌倉公方]][[足利満兼]]が弟[[足利満貞]]、[[足利満直]]を奥州に派遣し、伊達氏に対して領土割譲を求めてきた事を拒み対立する。[[1413年大崎氏]]らと同盟して鎌倉方の[[結城満朝]](応永20年白河満朝にも関東公方[[足利持上杉氏憲 (犬懸上杉氏)|上杉]]と戦い、[[応永った(伊達政宗の乱]]においても鎌倉を牽制している。伊達氏中興の祖と言われる。
 
仙台藩初代藩主となる[[伊達政宗]]は、この中興の祖にあやかり命名された。
匿名利用者