「ヘチマ」の版間の差分

編集の要約なし
;[[トカドヘチマ]]
: '''トカドヘチマ'''(Luffa acutangula (L.) Roxb.)の果実にはとても硬い筋があり、そこから名前がつけられた。野菜としての用途が主たる栽培目的である。トカドヘチマの葉と茎にはナッツ系の独特の臭気がある。タワシを作る場合は、完熟乾燥すると果実が硬く加工が難しくなるので、やや緑がかった状態が適している。繊維採取用の種類より幾分果実が小さく、15 - 40cm程度である。小さい果実であれば原型を活かしたままタワシにすることができる。
 
<!--
==栽培==
 
1,667

回編集