「広島電鉄本線」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{BS6|WBRÜCKE1|WASSERq|WASSERq|WASSERq|WASSERq|uWBRÜCKE1||[[新己斐橋]]|[[太田川放水路]]}}
{{BS6|STRlf|STRq|STRq|STRq|STRlg|uSTR||}}
{{BS6|||||BHF|muKBFaumSWBHF|M19|[[広電西広島駅|広電西広島]]|/[[西広島駅|JR西広島]]}}
{{BS6|||||STR|STR|||↓[[広島電鉄宮島線|宮島線]]}}
|}
 
== 運行形態 ==
{{main2Main2|[[広島電鉄#運行系統]]および下記[[#電停一覧|電停一覧]]}}
広島電鉄の市内線のすべての系統が本線を経由し、すべての区間で複数系統の電車が運行されている。このため、大半の停留所に行き先を案内する接近表示装置が設けられている。
 
本線の全区間を走行するのは2号線(広島駅 - 宮島口)のみ。2号線を含めてすべての系統が別の路線に乗り入れており、本線のみで完結する系統はない(かつては2号線は広島駅 - 己斐間のみを運転する系統もあり、2号線とはそ系統を指し、宮島線に直通する便は「番号なし」であった)。
 
[[2013年]](平成25年)[[2月15日]]のダイヤ改正より9号線(白島 - 八丁堀)が八丁堀より江波まで直通を開始した。
*[[1964年]](昭和39年)[[9月1日]] - [[9月7日]] [[太田川放水路]]工事にともない観音町 - 己斐間の路線を移設。
*[[2001年]]([[平成]]13年)[[4月10日]] 広島駅前 - 原爆ドーム前間の運賃を期間限定で120円に値下げ(当初の半年間の予定を1年間に延長し[[2002年]](平成14年)[[4月9日]]まで実施された)。
*2001年(平成13年)[[11月1日]] 己斐を広電西広島に名称統一。紙屋町を紙屋町東と紙屋町西に分ける。同時に広島駅 - 広電西広島の2号線の定期運が全廃され、宮島線直通電車が新しく2号線となる。
 
== 電停一覧 ==