「イルゼ・コッホ」の版間の差分

→‎収容所での行為: キャプションが明らかに違うので修正。
(→‎収容所での行為: キャプションが明らかに違うので修正。)
 
===収容所での行為===
[[Image:Buchenwald-J-Rouard-24.jpg|250px|right|thumb|イルゼが作らせた囚人の[[皮膚内臓]]を樹脂出来固め[[ブックカバー]]標本]]
夫が収容所の所長の地位にあることを楯に、収容所の構内で馬を乗り回したり、囚人に鞭を打ったり、囚人に対して虐待行為を行った。さらに、死んだ囚人の皮膚でランプシェードやブックカバー、手袋を作るなどの常軌を逸した行動のみならず、刺青をしている囚人がいるとその囚人を注射で薬殺してから皮を剥いで収集したりさえしたとされている<ref>New York Times, Sept. 24, 1948, p. 3</ref>。ただし、戦後の裁判においても、そうした行為を具体的に証言できる者はなかった。