「不完全菌」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 24 件をウィキデータ上の d:q648056 に転記)
子のう菌・担子菌には、単細胞で生活する[[酵母]]の形を取るものと、菌糸体を発達させるものがある。不完全菌にも、それに対応して、不完全酵母類・不完全糸状菌類がある。不完全酵母は[[出芽]]や[[分裂]]によって増殖する。
 
不完全糸状菌は、一定幅で隔壁を持つ菌糸からなる菌糸体を作る。所々から柄をのばし、胞子を形成する。不完全糸状菌の胞子の主要なものは[[分生子]]といい、分生子柄の先に分裂や出芽などによって作られる。袋に入った状態で作られることはない。分生子の形、作られ方などは不完全菌の分類で重視される特徴である。分生子柄はバラバラに作られるものが多いが、互いにより集まって分生子柄のマットを形成するもの、くっつき合って共通の柄を作り、その先に多数の分生子を作るもの、それらを覆う構造を持ち、簡単な子実体のようになるものも知られている。他に、菌糸の一部の壁が厚くなった[[厚壁胞子]]を形成するものもある。
 
また、分生子を[[子実体]]様の構造を作って形成するものがある。子のう菌類の閉子のう殻に似たものなどが知られ、分生子果不完全菌という。
 
分生子を形成しない不完全菌もある。この場合、菌糸の特徴や菌核などの形質で同定が行われる。
28,698

回編集