「慶應義塾中等部」の版間の差分

編集の要約なし
|閉校年月日 =
|共学・別学 = [[男女共学]]
|中高一貫教育 = 連携型<ref>[http://www.edu-network.jp/user_data/packages/en/download/dl01_pdf/jst01109.pdf 公立中高一貫校入選(入試)概況(速報中学入試データ2012)2012)]の「中高一貫校の種類について」のうち「①連携型」によれば、「私立中高で言えば、慶應義塾中等部と慶應義塾高校・同女子高校・同志木高校の関係が連携型に近いものです。」と記載されている。</ref>
|分校 =
|学期 = [[3学期制]]
 
== 進路 ==
各生徒は、希望すれば慶應義塾の設置する各高等学校に進学することができる。[[2008年]][[3月]]に慶應義塾中等部を卒業した者のうち、[[慶應義塾女子高等学校]]には83人、[[慶應義塾高等学校]]に141人、[[慶應義塾志木高等学校]]に18人、[[慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部|慶應義塾湘南藤沢高等部]]に3人それぞれ進学した<ref>[http://www.study1.jp/detail/150 慶應義塾中等部(中学受験スタディ)]の「基本情報」による。</ref>。男子にあっては慶應義塾高等学校へ、女子に会っては慶應義塾女子高等学校に進学する事例が多い。
 
男子: 高等学校(日吉)・[[慶應義塾志木高等学校|志木高等学校]]・[[慶應義塾湘南藤沢高等部|湘南藤沢高等部]]・[[慶應義塾ニューヨーク学院|ニューヨーク学院]]
匿名利用者