「慶應義塾志木高等学校」の版間の差分

編集の要約なし
(百科事典としてふさわしくない項目の除去、出典明記の依頼)
|閉校年月日 =
|共学・別学 = [[男女別学]](男子校)
|中高一貫教育 = 連携型<ref>[http://www.edu-network.jp/user_data/packages/en/download/dl01_pdf/jst01109.pdf 公立中高一貫校入選(入試)概況(速報中学入試データ2012)2012)]の「中高一貫校の種類について」のうち「①連携型」によれば、「私立中高で言えば、慶應義塾中等部と慶應義塾高校・同女子高校・同志木高校の関係が連携型に近いものです。」と記載されている。</ref>
|課程 = [[全日制課程]]
|二部以上の授業 =
|外部リンク = [http://www.shiki.keio.ac.jp/ 公式サイト]
}}
'''慶應義塾志木高等学校'''(けいおうぎじゅくしきこうとうがっこう 英語名: Keio Shiki Boys' Senior High School)は、[[埼玉県]][[志木市]]本町四丁目に所在し、[[中高一貫教育]]を提供する[[私立]][[高等学校]]。[[慶應義塾普通部]]または[[慶應義塾中等部]]を卒業した者と国立しくは公立の中学校を卒業し、または私立高等学校を併設しない私立中学校を卒業した者などとの間では、高等学校第1学年から混合してクラスを編成する[[中高一貫校]]<ref>[http://koukou.passnavi.com/index.php/component/obsearch?id=22570 慶應義塾志木高校の学校情報(高校受験パスナビ)]の「ワンポイント情報」の冒頭による。</ref>。
 
[[学校法人慶應義塾]]が設置する[[男子校]]。1学年6クラスで計約250名、全校生徒数は約750名である。[[高校受験]]では一般約190名、自己推薦約40名を募集しており、これに内部進学者が加わる<ref>[http://www.study1.jp/detail/150 慶應義塾中等部(中学受験スタディ)]の「基本情報」によれば、[[2008年]][[3月]]に慶應義塾中等部を卒業した者のうち18人が慶應義塾志木高等学校に入学した。ちなみに慶應義塾普通部を卒業した者の圧倒的多数は[[慶應義塾高等学校]]に入学するので、慶應義塾志木高等学校へ入学するのは極めて少数である。</ref>。卒業後、原則として無試験で[[慶應義塾大学]]に進学できる。略称は「'''志木高'''(しきこう)」(主に塾内での呼称)、「'''慶應志木'''(けいおうしき)」。
'''慶應義塾志木高等学校'''(けいおうぎじゅくしきこうとうがっこう 英語名: Keio Shiki Boys' Senior High School)は、[[埼玉県]][[志木市]]本町四丁目に所在し、[[中高一貫教育]]を提供する[[私立]][[高等学校]]。[[慶應義塾普通部]]又は[[慶應義塾中等部]]を卒業した者と国立若しくは公立の中学校を卒業し、又は私立高等学校を併設しない私立中学校を卒業した者などとの間では、高等学校第1学年から混合してクラスを編成する[[中高一貫校]]<ref>[http://koukou.passnavi.com/index.php/component/obsearch?id=22570 慶應義塾志木高校の学校情報(高校受験パスナビ)]の「ワンポイント情報」の冒頭による。</ref>。
 
== 沿革 ==
[[学校法人慶應義塾]]が設置する[[男子校]]。1学年6クラスで計約250名、全校生徒数は約750名である。[[高校受験]]では一般約190名、自己推薦約40名を募集しており、これに内部進学者が加わる<ref>[http://www.study1.jp/detail/150 慶應義塾中等部(中学受験スタディ)]の「基本情報」によれば、[[2008年]][[3月]]に慶應義塾中等部を卒業した者のうち18人が慶應義塾志木高等学校に入学した。ちなみに慶應義塾普通部を卒業した者の圧倒的多数は[[慶應義塾高等学校]]に入学するので、慶應義塾志木高等学校へ入学するのは極めて少数である。</ref>。卒業後、原則として無試験で[[慶應義塾大学]]に進学できる。略称は「'''志木高'''(しきこう)」(主に塾内での呼称)、「'''慶應志木'''(けいおうしき)」。
=== 略歴 ===
 
==沿革==
===略歴===
[[ファイル:Matsunaga_Anzaemon_statue.jpg|thumb|right|170px||松永安左ェ門君像]]
[[1944年]]、慶大日吉キャンパス内に'''[[慶應義塾獣医畜産専門学校 (旧制)|慶應義塾獣医畜産専門学校]]'''が開設された。当初は大学[[農学部]]を置く予定であったが、戦時下における政府の方針などから[[旧制専門学校|専門学校]]に縮小された経緯がある。翌年の敗戦後は[[アメリカ軍]]により日吉キャンパスが接収されたため、[[川崎市]]蟹ヶ谷の[[旧海軍]]東京通信隊の施設を借用して授業を再開したが、[[1947年]]、塾員[[松永安左エ門]]より寄贈された埼玉県志木の現校地(旧・[[東邦電力]]の東邦産業研究所が置かれていた)に移転した。[[1948年]]、[[学制改革]]により'''慶應義塾[[農業高等学校]]'''に転換、[[1957年]]には[[普通科 (学校)|普通科]]高校に転換し、現在に至る。その際系列大学への無試験進学が認められるようになった。
 
== 基礎データ ==
=== 教育方針・目的 ===
==== 教育方針 ====
教育方針は以下の4項目である[http://www.shiki.keio.ac.jp/profile/mission.html]。
*塾生としての誇りを持たせること
:ものなり 以上は曾て人に語りし所の一節なり 福澤諭吉書
 
=== 校風 ===
[[校則]]がく自由な[[校風]]である。例えば、[[制服]]は定められているが普段の服装は自由(系列校では他に中等部が該当する)、休講となった授業の時間は大学同様に学校に全く拘束されない、などである。容姿に関する規定もいに等しく、カラーやパーマ、イヤリングを施す生徒がいても注意されるという話は聞かれない。しかし、同時に自己責任が問われることも事実である。これは福澤諭吉の建学精神である「独立自尊」に由来する。また、緑豊かな環境、原則全員が慶大に進学できる(ただし成績評価が低く、留年する者も毎年存在する)ため進路の心配が少ないことなども、伸び伸びした校風を形成している要因である。
 
式典も少なく、始業式や終業式は一切行われず、学期の初日から通常授業が始まる。期末試験終了から2週間程度の授業の後、長期休業に入る。上履きがなく、校舎内も土足で立ち入ることができる。掃除の時間もない。
 
=== 環境 ===
[[ファイル:Keio_Shiki_Field.jpg|thumb|right|250px||校内の畑と田んぼ]]
校内の敷地は広大(37000坪)で、県有数の森や竹林があり、植生が豊かである。数多くの植物のほか、[[鴨]]や[[ハチ|蜂]]、まれに[[タヌキ|狸]]、[[モグラ]]なども見かける。農業高等学校時代の名残から、校内に作られた畑で耕作授業も行われている。このような恵まれた自然環境は本校の特徴の一つである(生徒1人あたりの敷地面積は他の高校と比べて非常に広い)。[[スズメバチ]]が多量に生息しており、近年駆除を行ったが未だに校内でよく見られる。また、志木市天然記念物に指定されている[[チョウショウインハタザクラ]](長勝院旗桜)が敷地内に生育している。
農業高校時代に農地だった土地は現在グラウンドとして活用されている。また以前は[[野火止用水]]が流れていたが、現在は暗渠化されている。現在の敷地面積は農業高校時代と比べ、半分ほどに減っている(慶應義塾の財政難の対策として所有地を売却したため)。
 
=== 象徴 ===
校門前の校舎に続く白い斜路、大きな敷地が象徴となっている。
 
==== 校歌 ====
独自の[[校歌]]はないが、『慶應義塾塾歌』がこれに相当する([[入学式]]などの式典時に斉唱する)。
 
==== マーク ====
「ペンマーク」と呼ばれる、2つのペンを交差した慶應義塾共通のマークである。「ペンは剣よりも強し」を表現している。学生証、[[学生服]]のボタンなど様々に用いられる。
 
==== スクールカラー ====
塾旗に由来する青赤青の横縞の並びである。学校で販売される慶應義塾オリジナルの[[詰襟]]制服の袖裏地には、この縞模様がデザインされている(ただし、詰襟であればボタンを付け替えることで一般的なものも使用可能)。
 
== 入学・卒業 ==
=== 入学 ===
入学する方法によって、入学生は内部進学者と外部受験者の2つに分けられる。
 
;内部生
[[慶應義塾普通部|普通部]]および[[慶應義塾中等部|中等部]]出身者([[慶應義塾幼稚舎|幼稚舎]]卒を含む)。
 
;外部生
[[入学試験]]に合格し、入学した者。多数の生徒がこれに当たる。
*[[自己推薦入試]]
*[[帰国子弟]]入試
ほぼ全員の生徒が慶大へ進学できるため人気が高い。かつ[[慶應義塾高等学校]](日吉)に比べ募集枠が少ないことや、一般入試の試験日が他の高校と比べ早期であるため、[[開成中学校・高等学校|開成高校]]や国立、他の[[早慶]]の附属高校を併願する受験生の殆どが同校を受験することから、受験者全体のレベルが高くなり、[[首都圏 (日本)|首都圏]]では[[難関校]]のひとつに位置付けられる。
 
=== 進路 ===
ほぼ全員の生徒が慶大へ進学できるため人気が高い。かつ[[慶應義塾高等学校]](日吉)に比べ募集枠が少ないことや、一般入試の試験日が他の高校と比べ早期であるため、[[開成中学校・高等学校|開成高校]]や国立、他の[[早慶]]の附属高校を併願する受験生の殆どが同校を受験することから、受験者全体のレベルが高くなり、[[首都圏 (日本)|首都圏]]では[[難関校]]のひとつに位置付けられる。
 
===進路===
本校卒業生全員が[[学校長]]から慶應義塾大学への[[推薦入学|推薦]]を受けられるため、主に他大学を受験する生徒を除いた(他大学を受験する場合、推薦を辞退しなければならない)卒業生の殆どが慶應義塾大学の各学部へ進学する。進学する学部は基本的に各人の志望が尊重されるが、実際には在学中の成績・出欠状況を考慮した上で、各学部毎に設けられた定員に従って決定される。特に、[[医学部]]と[[法学部]]、[[経済学部]]は例年人気が集中し、進学を希望しても叶わない場合がある。一方で、[[商学部]]、[[理工学部]]、[[文学部]]、[[薬学部]]、[[総合政策学部]]、[[環境情報学部]]、[[看護学部]]を志望した場合には、卒業条件さえ満たせば進学が認められる場合が多い。
 
また、理工学部、医学部、薬学部のいずれかに進学するためには、2年及び3年次の必修選択科目で[[化学]]・[[物理]]を選択することの他に、3年次での自由選択科目で定められた[[理系]]科目(理工学部、薬学部と医学部では多少異なる)を選択することが条件となっている。
 
== 通学手段 ==
*[[東武東上本線|東武東上線]][[志木駅]]東口より徒歩約7分
 
なお、かつては自宅からの距離が遠いため通学困難な生徒のために[[学生寮]]が併設されていた。ただし、全寮制ではなく、通学生の比率の方が高かった。寮は有隣寮と高翔寮の2棟があり、有隣寮は1962年、高翔寮は1964年に完成。当時の慶應義塾の一貫教育校で寮を持つのは志木高が唯一であった。しかし、公共交通機関の発展等の影響から年々入寮者が減少したため、1987年度の新入生を最後として募集を終了、1990年に閉鎖された。寮のあった敷地は売却されたため、現在はマンションなどが建っている。
 
== 年間行事 ==
*4月
**[[入学式]]
;収穫祭(文化祭)
:各クラスやクラブ、団体による展示や発表が行われ、毎年8000人もの来場者が訪れるとされている。昔農業高等学校であった名残から今なお「収穫祭」と呼んでいる。通常、10月末から11月初めにかけた土・日の2日間で行われる。{{要出典|=過去に同じ志木駅の反対側にある[[立教新座中学校・高等学校|立教高等学校]]と同日程で開催した際、志木駅で女子高生の勧誘で両校で揉めたことがあり、それ以降1週間ずらして開催していた。しかし、最近ではそれを気にせず同日程で開催されることもある。|date=2013年3月}}なお「収穫祭の歌」という歌がある(同校唯一のオリジナルソングでもある)。
:{{要出典|=1995年まで体育館で慶應義塾大学應援指導部が2時間以上のステージパフォーマンスを行い、観客の志木高生と女子高生が肩組み踊り続けるという「後夜祭」が開催されていたが、その騒ぎを良く思わなかった一部の教員により収穫祭そのものの開催を中止検討されたことがあった。現在は比較的おとな大人しい後夜祭で開催されている。|date=2013年3月}}
;マラソン大会
:[[体育]]の一環として[[彩湖]]にて約10kmの[[マラソン]]を行う。
 
== 授業 ==
卒業すれば学校長から[[慶應義塾大学]]の各学部への推薦を受けられるため、受験のための勉強は多くの場合しない。[[カリキュラム]]も非常に独特で、個性ある教員によってユニークな授業が展開される。教科書は数学系しか用いず、大学受験などを行うのは難しい環境になっている。自由選択の化学と物理のカリキュラムは大学二年の課程まで修了させる。
 
[[定期試験]]は年3回、[[学期]]末(本校では1年間を単一学期としているが、ここでは便宜上学期を3つに分ける)におこなわれる。公式には、[[成績評価|成績]]は年度末のみ記録される。ただし、第1期・第2期の期末にはその段階(学年始めからの通算)での習熟度の目安を示すために、成績評価が行われる。成績は各科目の通年の成績が算出され、8段階評価によってなされる。1と2は用いられず、3 - 10の成績が使用される。各学年において1度ずつだけ[[留年]]が許される(最長で6年間在籍可能)。留年の基準として、成績で評定平均が6を下回る場合または3を1.0、4を0.5として、それらの合計が各学年の成績算出時に2.5を超える場合には留年となる(ただし、恩赦により仮進級処分となることもある)。更に、2度続けて留年になると学則により[[退学]]しなければならない。なお、教員不在により休講になることが多々ある。
 
2学年時の「総合的な学習の時間」では、言語や民族そして文化や歴史などに関する23の講座がある。
2学年時と3学年時の[[語学]]課外講座では以下の23の言語と文化が学べ、その言語を母語とする講師を招いている例もある。
 
=== 語学課外講座として開講されている言語 ===
*[[アイヌ語]]
*[[アラビア語]]
*[[琉球語]]
 
== クラブ ==
系列の[[慶應義塾大学]]、[[慶應義塾高等学校]]、[[慶應義塾女子高等学校]]との合同練習がおこなわれるクラブもある。2009年度、以下の19の[[クラブ活動|体育部]]と11の[[文化部]]がある。
 
=== 体育部 ===
*[[硬式野球]]部
*[[軟式野球]]部
*[[空手]]部
 
=== 文化部 ===
 
===文化部===
*[[英語]]部
**[[ESS]]パートと[[軽音楽|軽音]]パートに分かれる
*[[板垣龍佑]]([[仙台放送]]→テレビ東京アナウンサー)、
*[[平野浩志]]([[損害保険ジャパン]]前社長)、[[浅野秀則]]([[フォーシーズ]]社長)[[ピザーラ]]等外食産業グループ
*[[大川弘一]]([[まぐまぐ]]社長)、[[青柳直樹]]([[GREE取締役、アメリカGREE代表]])
*[[石原裕次郎]](転校)(俳優・歌手)
*[[岡浩也]](俳優→精神科医)
*[[梅澤明弘]](H9年〃北里賞)
*[[岡野栄之]](慶大医学部教授、生理学、再生医学の第一人者、H10年北里賞)
*[[枇々木規雄]](慶大理工学部教授、管理工学、金融工学)、[[今井宏明]](理工学部教授)、[[宮林 寛]](文学部教授)、[[村田 満]](医学部教授)[[中村修]](環境情報学部教授)、[[駒形哲哉]](経済学部教授)、[[秋山 裕]](経済学部准教授)、[[斎藤義正]](医学部准教授)
*[[茂松直之]](医学部教授)、[[加藤文俊]](環境情報学部教授)、[[岡田英史]](理工学部教授)[[武川幸嗣]](法学部教授)
*[[武田京三郎]](早稲田大学理工学部教授、工学部卒、早稲田三田会代表)、[[浦田秀次郎]](早稲田大学教授、経済学部卒)
*[[宮坂直史]](防衛大学教授)、[[窪寺昌一]](宮崎大学教授)、[[神馬幸一]](静岡大学准教授)、[[曾布川拓也]](岡山大学教授)
*[[鈴木平(経済学者)]]
 
== その他 ==
*本校正門前の車道は「慶應通り」と名けられている。
*[[2004年]]、日本国内では[[高等学校]]として初めて[[自動体外式除細動器]](AED) (AED) を校内に設置した[http://www.keio.ac.jp/news/040710.html]。
*[[東京六大学]]リーグの[[慶早戦]]の初戦は、1年生は球場で応援することが学年行事として設定されている。2,3年生は自由参加である。これをきっかけに多くの生徒が愛校心を培っている。
 
== 脚注および参照 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references />
 
== 関連書籍 ==
*慶應義塾 編『慶應義塾豆百科』慶應義塾大学出版会、1996年。
*慶應志木会『慶應志木会会報』vol.12、1994年
 
== 関連項目 ==
*[[慶應義塾]]
*[[中高一貫校]]
*[[埼玉県高等学校一覧]]
 
== 外部リンク ==
*[http://www.shiki.keio.ac.jp/ 慶應義塾志木高等学校ホームページ] - 公式ページ
*[http://www.keio-shikikai.com 慶應志木会] - 同窓会のページ
*[http://www.shiki.keio.ac.jp/harvest61th/ 慶應義塾志木高等学校 2008年度 第61回収穫祭] - 公式ページ
*[http://www.keio.ac.jp/ 慶應義塾ホームページ]
*[http://www.keio.ac.jp/ja/contents/mamehyakka/index.html 慶應義塾豆百科]
 
{{学校法人慶應義塾}}
 
{{DEFAULTSORT:けいおうきしゆくしき}}
[[Category:埼玉県の私立高等学校]]
匿名利用者