「根岸友山」の版間の差分

編集の要約なし
'''根岸 友山'''(ねぎし ゆうざん、[[文化 (元号)|文化]]6年[[11月27日 (旧暦)|11月27日]]([[1810年]][[1月2日]]) - [[明治]]23年([[1890年]])[[12月3日]])は[[壬生浪士|壬生浪士組]]。後、[[庄内藩]][[新徴組]]取締役。本名、'''伴七'''。号友山と言う。諱は信輔。[[北辰一刀流]]。
 
== 生涯 ==
文化6年(1810年)、豪農[[根岸信保]]の長男として、[[武蔵国]][[大里郡]]甲山村(現・[[熊谷市]]冑山)に生まれる。剣術は[[千葉周作]]に学んだ。その後自宅で剣術や学問を教えたりしていた。
 
[[文久]]3年([[1863年]])、[[征夷大将軍|将軍]]・[[徳川家茂]]上洛に伴い[[江戸幕府]]によって組織された[[浪士組]]に参加。[[近藤勇]]、[[芹沢鴨]]らとともに[[京都]]に残る。その後、[[遠藤丈庵]]、[[清水五一]]らとともに「伊勢参詣」を理由に[[壬生浪士組]]を脱走して[[江戸]]に戻り、同年5月19日に庄内藩新徴組取締役(庄内藩と新徴組の連絡係)に就任するがすぐに退任。以後は討幕の意志を固めた。[[鳥羽・伏見の戦い]]で旧幕府軍が負けると盛大に祝ったという
 
以後は討幕の意志を固めた。[[鳥羽・伏見の戦い]]で旧幕府軍が負けると盛大に祝ったという。
 
明治元年([[1868年]])、勤王論を説く著書『吐血論』を刊行。著書中で、当時処刑に対して同情を集めていた近藤勇を思い切り批判する。
 
明治23年(1890年)、12月3日死亡。享年82。墓は冑山共同墓地([[埼玉県]][[熊谷市]])にある
 
墓は冑山共同墓地([[埼玉県]][[熊谷市]])にある。
 
大里商工会による友山まつりが行われている。