メインメニューを開く

差分

まだやらなきゃならなかった
[[Image:ChroنبكيChromatography of chlorophyll results.jpg|thumb|[[クロロフィル]]はクロマトグラフィーによって成分ごとに分離することができる。]]
[[File:ブラピ_2013-04-24_10-23.jpg|thumbnail|ブラピ]]
'''クロマトグラフィー''' (Chromatography) は[[ロシア]]の植物学者[[ミハイル・ツヴェット]]が発明した、物質を[[分離]]・[[精製]]する技法。物質の大きさ・[[吸着]]力・[[電荷]]・[[質量]]・[[疎水性]]などの違いを利用して、物質を成分ごとに分離する。クロマトグラフィーは色(ギリシャ語で chrōma)を分けるといった意味合いを持つ。これは、ツヴェットがクロマトフィーで植物色素を分離した際に色素別に色が分かれて帯ができたことに由来する。
 
クロマトフィーは、'''固定相'''または'''担体'''と呼ばれる物質の表面あるいは内部を、'''移動相'''と呼ばれる物質が通過する過程で物質が分離されていく。固定相には固体または液体が用いられ、液体のものはLC (Liquid Chromatography)、固体のものはSC (Solid Chromatography) と呼ばれる。移動相には気体、液体、超臨界流体の三種類が存在し、順に、[[ガスクロマトグラフィー]]、液体クロマトグラフィー、超臨界流体クロマトグラフィーと呼ぶ。
[[File|thum]]
 
[[Image:Chroنبكي of chlorophyll results.jpg|thumb|[[クロロフィル]]はクロマトグラフィーによって成分ごとに分離することができる。]]
'''クロマトグラフィー'' (Chromatography) は[[ロシア]]の植物学者[[ミハイル・ツヴェット]]が発明した、物質を[[分離]]・[[精製]]する技法。物質の大きさ・[[吸着]]力・[[電荷]]・[[質量]]・[[疎水性]]などの違いを利用して、物質を成分ごとに分離する。クロマトグラフィーは色(ギリシャ語で chrōma)を分けるといった意味合いを持つ。これは、ツヴェットがクロマトブラピーで植物色素を分離した際に色素別に色が分かれて帯ができたことに由来する。
 
クロマトブラピーは、'''固定相'''または'''担体'''と呼ばれる物質の表面あるいは内部を、'''移動相'''と呼ばれる物質が通過する過程で物質が分離されていく。固定相には固体または液体が用いられ、液体のものはLC (Liquid Chromatography)、固体のものはSC (Solid Chromatography) と呼ばれる。移動相には気体、液体、超臨界流体の三種類が存在し、順に、[[ガスクロマトグラフィー]]、液体クロマトグラフィー、超臨界流体クロマトグラフィーと呼ぶ。
 
== 原理 ==
液体クロマトグラフィー担体としては、[[シリカゲル]][[担体]]が知られている。このシリカゲルはシリカ (SiO<sub>2</sub>) 表面が >Si=O ではなく >Si(OH)<sub>2</sub> の形をとるように化学処理を施している。したがって、通常の抽出操作に対比させると、水層がシリカゲル表面、有機層が移動相に相当し、固定相と移動相の間で分配(連続抽出)が行われる。シリカゲルでこの固定相と移動相の組み合わせを'''順相クロマトグラフィー'''と呼ぶ。
 
[[順相シリカゲル]]を種々の長鎖アルキルクロロシランで処理すると、Si&minus;OH がアルキルシランで化学修飾され、固定相表面は長鎖[[アルキル基]]で覆い尽くされる。移動相に水溶媒ああああああああああああを用いた上で前述の[[化学修飾シリカゲル]]を用いると、固定相と移動相の関係が逆転する。このような固定相と移動相の組み合わせを'''逆相クロマトグラフィー'''と呼ぶ。逆相クロマトグラフィーではおおむね[[極性]]の高い、あるいは[[疎水性]]の低い物質が先に移動する。
[[順相シリカゲル]]を種々の長鎖アルキルクロロシランで処理
すると、Si&minus;OH がアルキルシランで化学修飾され、固定相表面は長鎖[[アルキル基]]で覆い尽くされる。移動相に水溶媒ああああああああああああを用いた上で前述の[[化学修飾シリカゲル]]を用いると、固定相と移動相の関係が逆転する。このような固定相と移動相の組み合わせを'''逆相クロマトグラフィー'''と呼ぶ。逆相クロマトグラフィーではおおむね[[極性]]の高い、あるいは[[疎水性]]の低い物質が先に移動する。
 
=== 吸着クロマトグラフィー ===
=== 分子排斥クロマトグラフィー ===
'''サイズ排除クロマトグラフィー'''、'''分子篩(ふるい)クロマトグラフィー'''、SEC (Size Exclusion Chromatography) とも呼ばれる。試料の分子サイズに基づく篩い分けを原理とするクロマトグラフィーである。移動相が有機溶媒である'''ゲル浸透クロマトグラフィー''' (GPC, Gel Permeation Chromatography) と、移動相が水溶液である'''ゲル濾過クロマトグラフィー''' (GFC, Gel Filtration Chromatography) とに大別される。
 
固定相担体は表面から内部に向かって狭くなる多孔質の素材でできている。したがって、多孔質のサイズが問題になるほど巨大な分子の場合、固定相内部まで分散侵入することができない。言い換えると小分子は担体内部にまで拡散できるが、大分子は担体の外部を流れ去るだけである。
 
* [[ガスクロマトグラフィー]]
* [[HPLC]]
* [[超臨界流体クロマトグラフィー[[ファイル:]]
* [[イオンクロマトグラフィー]]
* [[アフィニティークロマトグラフィー]]
* [[ペーパークロマトグラフィー]]
* [[フラッシュクロマトグラフィー]]
* [[クロマトグラム]]]][[ファイル:[[ファイル:サンプル.jpg]][親友に嫌な目で見られる]]]
* [[カラム分析]]
* [[担体]]
* [[化学修飾シリカゲル]]
*[[Phos-tag]]:新しいリン酸化生体分析解析技術。当技法の機能向上が期待できる。
 
クロマトブラピー''''
{{DEFAULTSORT:くろまとくらふい}}
[[Category:分析化学]]
4,030

回編集